ツムギの「お知らせ」について

2019.01.28 日常
住宅用火災警報器 10年を目安に交換しましょう。

住宅用火災警報器の交換を行いましょう!

住宅用火災警報器の設置義務化から10年が経過しました。

警報器は古くなると電池切れや部品の寿命などで

火災を感知しなくなることがあるので、とても危険です。

10年を目安に交換をおすすめします!

💡設置時期の調べかた

火災警報器を設置したときに記入した「設置年月」

または、本体に記載されている「製造年」を確認してください。

※10年経っていなくても、故障などの場合は交換が必要です。

点検方法は警報器の種類によって違いますが、ボタンを押す、

または紐を引いて作動を確認してください。

↓詳しくはこちら

神戸市消防局 予防課

弊社でも火災警報器の交換工事を行っておりますので、

気になる方はご相談ください!

 BACK