ツムギの「お知らせ」について

2019.12.12 コラム
トイレリフォームの費用はどのくらい?相場の平均は?

トイレのリフォームをしたい場合、費用はどのくらいかかるのかを平均的な数値で紹介します。どのようなリフォームができるのかを知っておくと予算が立てやすく、予算内でできるだけ理想的な機能を入れやすいです。

 

 

トイレのリフォーム部分を決定して見積もりしてみよう

トイレのリフォームの内訳は次の4点です。

・トイレ本体

 

シンプルに機能が付いていない便器にするのか、機能付きの場合どのような機能をつけるかでトイレ本体の値段に幅があります。

節水機能や省エネ機能が付いたものであれば、水道代や電気代が倹約でき工事をした後にプラスアルファの経済効果が生じるため、長い目で見ればお得になるかもしれません。タンク付きとタンク無しでは価格に大きな差があります。タンク付きは5万円以下のものがある一方タンク無しは25万前後です。トイレにスペースができ、掃除が簡単になるメリットがあります。

その他、自動的にフタが開閉する「オート開閉」や「リモコン洗浄」、「オート洗浄」といった洗浄機能が付いたものなどはさらに高価になります。

 

・トイレ本体を設置する工事費用

 

工事に必要な日数が多くなればそれだけ人件費などが必要です。例えば、もともとトイレが和式である場合は床の段差を平らにする、配管の位置を変更するなど大幅なリフォームが必要です。

 

排水方式を柔軟に変更できるタイプのリフォーム対応便器などを利用すると配管を移動する必要がありません。排水位置調整アジャスターを使って配管と新しい便器をつなぐため工事日数が短縮されるため、人件費などを節約できます。

 古い住宅の場合、トイレにコンセントが無い場合があります。また、タンク無しのトイレにすると手洗い場を取り付ける必要は生じるため、工事が必要です。

 

・床材や壁材などの材料費プラス工事費

 

トイレを新しくしたら壁や床、天井などもリフォームしたくなります。特に床は便器を外したときが張り替えやすいためチャンスです。臭いを吸収する素材や汚れが付きにくく掃除をしやすい素材に替えると掃除もラクでトイレがいつも清潔な場所になります。

 

普通のクロスや床材を使うか、機能付きの素材を使うかで費用は異なりますが、一般的なトイレは0.5坪ほどの広さですから材料費はあまりかかりません。工事費も壁紙のみなら2時間ほどで終わる短時間のものですから、壁や床をリフォームしても工事費が急激にアップすることも無いでしょう。

 

もしあとで床材だけを変える工事をするよりはまとめてした方がリーズナブルです。

 

・棚など備品

 

見積もりをしてもらって予算内に入るのであれば、棚を付けたり、トイレットペーパーホルダー、タオルハンガーなどを交換することも考えてみましょう。

 


トイレ費用の目安を知ろう


トイレのリフォームにどのくらいの費用をかけているのかを見るとかなり幅があります。20〜40万円が平均値ですが、10万円以下のリフォームもあれば100万円を超える場合もあります。予算と照らし合わせながらどのようなリフォームをしたいかを考えて計画を立てましょう。一般的なトイレリフォームの費用と


・10万円未満のリフォーム

温水洗浄や暖房便座などが不要な場合は、タンク付きで機能が付いてないタイプの便器との交換であれば10万円未満でリフォームが可能です。ごく普通のトイレに見えますが、10年前のトイレとは節水機能などは格段に違っていますから、リフォーム後の満足は大きいです。

しかしトイレが寒い、温水洗浄がどうしても欲しいが10万円未満でリフォームをしたいとお考えなら、温水洗浄便座に交換するだけの工事がリーズナブルです。工事も簡単で、ご自分でもできるほどです。

ただし、古いトイレの場合コンセントを設置する必要がありますから配線が見えないように壁など内装工事も必要です。便座だけなら壁紙を張り替えても10万円前後のリフォームが可能です。


・20万円前後のリフォーム

タンクが付いたタイプで温水洗浄と暖房便座を備えた便器と交換し、床材の張り替えをした場合でほぼ20万前後で可能です。10年前のトイレに比べると便器にフチが無く手入れをしやすいタイプや脱臭機能などが付いており毎日のお掃除が格段に楽になります。


・25万円以上

タンクレスタイプのトイレにして床材を交換しても25万円でリフォームが可能です。ただし、タンクレスの場合タンクの上部にあった手洗いが無くなります。そのため、洗面所が隣にある場合を除いて、手洗いを新設することが必要です。

手洗いを新設する場合は別に10万円ほど必要ですが、手洗い用の家具にトイレットペーパーホルダーや小さな棚などが付いたタイプもあるのでトイレが使いやすくなります。

タンク付きタイプを選べば、壁リモコンやオート洗浄など機能がたくさん付いた便器を選択可能です。または床材やクロスに防カビ効果や防臭効果などの機能付き素材を選べます。


・40万円前後

予算が40万円ですといろいろな機能をプラスできます。

例えば人がトイレに入ると自動的に電気が点灯するタイプ。やわらかな間接照明にすると夜中にトイレに入った際も眩しすぎず、覚醒しないためトイレ後もそのまますぐに眠れます。

トイレの機能だけではなく、インテリアに少しこることも可能です。無垢材を使った棚やアイアン素材のアクセサリーなどおしゃれな演出で素敵な空間を作れます。


トイレリフォーム費用の目安を知るには?


まず資料をたくさん見ることです。トイレのメーカーでは公式サイトでリフォーム例をアップしています。それだけではなく、希望者にPDFでトイレリフォーム例を送ってくれますから、たくさん見ることで平均的なトイレリフォームがわかります。

その上で業者に見積もりを依頼します。見積もりをしてもらうときはリフォームしたい点をできるだけ具体的に上げてイメージをはっきり伝えましょう。

業者に見積もりをしてもらうだけではなく、今までの施工例を見せてもらいましょう。


まとめ

 

トイレリフォームの費用は以下の項目が含まれます。


・トイレ本体

・工事費

・壁のクロスや床材と工事費

・トイレのインテリアなど備品


予算を立てて予算内でどこまでできるのかを知ることも大切です。施工例をたくさん見ることで平均値がわかります。

 BACK