ツムギの「お知らせ」について

2019.12.12 コラム
トイレリフォームにかける予算はどのくらいなのか?

この記事をご覧の皆さんの中には、トイレのリフォーム工事を行うのにどれくらいの費用が必要なのか、という疑問を抱いている人もいるのではないでしょうか。

トイレも利用するにつれて古くなっていくことから当初にはなかった不具合などが発生し、トイレのリフォームが必要になりますが、具体的にどれくらいの費用が必要になるのか分からないと不安であると思います。

そこで、今回の記事では、トイレのリフォーム工事を行うのにどれくらいの費用が必要なのか、について説明していきますので、最後までご覧ください。

 


トイレのどの部分をリフォームするかを決めよう


トイレのリフォームにかかる一般的費用はどれくらいなのかを考える前にトイレのどの部分をリフォームするかを決める必要があります。

例えば、トイレの便器本体を交換したいのか、洗面台を取り替えたいのかによってかかる費用は異なりますし、便器本体が一体型のトイレか、組み合わせ型のトイレなのかという種類の違いによっても異なってきます。

トイレのリフォームの予算を決める際には、最初の段階でリフォーム工事の内容を決めることが重要です。


工事業者を選定し見積もりを取ろう


最初の段階でリフォーム工事の内容を決めおおよそかかると想定される予算を把握したら、次に行うのがリフォームの工事を依頼する事業者を選んで見積もりを出してもらうことになります。

どのようにして工事事業者を選べばいいのか、工事事業者の選定の際の注意点としては以下のようなものが挙げられます。

 

⓵ リフォーム業者の過去の実績を確認する

 

工事事業者の選定の際の注意点の1つ目としては、リフォーム業者の過去の実績を確認することが挙げられます。

 

リフォーム工事の依頼をするにしても依頼先の事業者が信頼できるかどうか事前に確認しておくことは重要です。

 

事業者の信頼性の確認の際には、一番いいのはその事業者を利用したことのある人からの意見を聞くことですが難しい場合には、インターネットでの口コミやレビューサイトでの評価での確認や事業者のホームページでの実績の確認が簡便的な方法と言えます。

 

➁ 複数の業者からの見積もりを取る

 

工事事業者の選定の際の注意点の2つ目としては、複数の業者からの見積もりを取ることが挙げられます。複数の業者から見積もりを取る際には、額面上の値段だけではなく見積もり時の対応も見てから決めるのが良いでしょう。

例えば、見積内容についての詳細な説明があるかどうか、見積もり時こちらが分からない点について丁寧に説明してくれているかなどです。リフォーム資金は一般の人にとって大きな金額であることから、提示額の安さのみならず対応の丁寧さまでチェックしておくことが重要です。

 

③ 住宅リフォーム事業者団体に登録しているかの確認

 

工事事業者の選定の際の注意点の3つ目としては、住宅リフォーム事業者団体に登録しているかの確認を行うことが挙げられます。リフォーム業界への参入障壁は建設業の中では低くそのため悪質な業者が業界に紛れ込んでいることが想定されます。

 

悪質な業者を選ぶリスクを下げるためにも住宅リフォーム事業者団体に登録しているかの確認を行うことは重要になります。


トイレのリフォーム費用の相場


ここまで、リフォームの予算を考える前にすべきことや工事事業者の選定の際の注意点について説明してきましたが、ここからはトイレのリフォーム費用の相場はどれくらいの金額になるのかについて説明していきます。

 

一般の人がトイレのリフォームにかけている費用帯としては、価格ドットコムによると「20万円以下」、「21万円~60万円」、「61万円以上」に分かれる傾向にあるようです。

 

例えば、トイレの本体のみの交換であれば10万~20万円あればリフォームできる事例、また、トイレ本体と手洗い場の設置および内装の変更などで60万円前後かかる事例が見られます。

 

さらに、「Panasonichomes&Living」によるとトイレのリフォーム費用として一番多い価格帯が「21~40万円」で、2番目に多いのが「41~60万円」となっており、取り扱っている事例の全体の約89%が「60万円以下」を占めているようです。

 

もちろんリフォームの対象となる製品や、各建物や室内の状況などによってリフォームにかかる費用は異なってきますが、自身のリフォームの予算の大まかな概要を知りたい場合であれば有用なデータであると思われます。

 

自身のリフォームの予算の大まかな概要を知りたい人は、上記のデータを参考にしてみると良いのではないでしょうか。


まとめ


ここまで、トイレのリフォーム工事を行うのにどれくらいの費用が必要なのかについて説明してきましたが、いかがでしたか。

トイレのリフォームをするからには、自分自身が用意できる予算の範囲内で満足するリフォームを実行したいと考えるのは自然なことで、そのためにはリフォームを行う上での注意点や予算の大まかな概要を知っておくことはとても重要になります。

この記事をご覧の皆さんは、今回の記事で説明した内容を参考にして、トイレのリフォーム工事を行うのにどれくらいの費用が必要なのかについて検討してみると良いのではないでしょか。

 BACK