ツムギの「お知らせ」について

2019.10.18 コラム
トイレリフォームは10万円でできる?費用について知っているお得になること

トイレリフォームは、老朽化した便器などを修理したり交換したりするものから、もっと使い勝手の良いものにしたい、おしゃれなスペースにしたいなどいろいろなニーズによります。どのようなリフォームをするかで費用も幅広く、10万円以下から100万円くらいまで予算は人それぞれです。
今回は10万円でどのくらいのリフォームができるのかを考えていきます。


トイレリフォームの費用内訳

・トイレ本体価格

リフォームのメインになる便器。タンクなし、タンク付き、機能もいろいろです。また本体があまり老朽化していないのであれば便座のみの交換も考えられます。

・工事費

工事前養生費:工事に必要なものを運ぶ過程でお部屋や玄関、廊下などの床や壁に傷がつかないようにシートなどを貼り付けて保護することが養生です。マンションなどの集合住宅の場合は、エレベーターやエントランスなどにも養生が必要です。

廃材処分費:今まで使っていた便器や壁紙や床材を交換する場合は搬出し処分しなくてはいけません。

便器取付費:新しい便器や便座を取り付けるための費用です。

給排水接続費:給水や排水を接続します。便器のモデルによっては、排水口を移動させる必要があるかもしれません。

電気工事費:今まで暖房便座などを使用していなかったトイレにはコンセントがない場合も。コンセントをつけるための工事が必要です。

トイレの床張替え:トイレの広さは幅80cm×奥行き160cmが一般的で畳半分くらいです。そのため床の張替えは比較的安くできます。

アクセサリー:ペーパーホルダーもいろいろなデザインが出ています。ペーパーの上に小さな棚が付いているものなどはちょっとした小物を置けてトイレが一段とおしゃれに変わります。その他、タオル掛けやトイレットペーパーをしまう戸棚、手すりなど数千円からあるので予算以内であれば考えてみましょう。


トイレのリフォーム費用例を相場

基本的にトイレリフォームで最も費用が必要なことは便器本体です。高価なものですがと便器だけで65万円以上(ウォシュレットと一体形便器など)。現在は比較的リーズナブルな価格でも節水機能やお掃除が楽にできる機能などが付いたものがあります。そのため10年前の便器との交換であれば、かなり進歩していると実感できるはずです。
リクシル(LIXIL)からは5万円前後からと比較的リーズナブルなモデルが多数出ています。リーズナブルな理由はタンクが樹脂製であることです。セラミックではないため、質感にこだわる方は二の足を踏んでしまうかもしれません。実際に見てみると最近の樹脂はとてもよくできていて、おまけに掃除がしやすく汚れがつきにくいというメリットを持っています。
便器の状況によっては便座のみを交換するだけでも気持ちの良いトイレが実現します。温水洗浄便座は2万〜4万円で交換可能です。
せっかく便器を新しくしたら床が気になる場合も。床の張替えは「重ね張り工法」と「張替え工法」の2種類の方法があります。上から重ね貼りをしたほうが費用は抑えられますが、少し費用が多くなっても張替え工法をオススメします。古い床材をはがしたあとで床のダメージなどを見つけることができるためです。床の張替えは、クッションフロアのタイプにもよりますが2~4万円くらいを見ておけば良いでしょう。アクセサリー類は、TOTOやリクシル(LIXIL)などのウェブカタログで見るといろいろなアイテムが出ています。ペーパーホルダーの上に小さな棚が付いているタイプなど1万円ほどです。


費用を抑えるために自治体の助成金を

少しでも予算を抑えるために自治体の助成金を利用できるかどうかも調べてみてください。新しい便器は旧モデルに比べると節水設計になっているものがほとんどです。省エネルギー化に当てはまるため、助成金が受け取れるかもしれません。助成金の申請の方法や金額などは各自治体で異なるため問い合わせてみましょう。
また、和式トイレを洋式にする、温かい便座にする、床をバリアフリーにするなどは介護のためのリフォームになるため、やはり助成金の対象になります。見積もりもたくさん出してもらうと10万円でできるリフォームの幅が広がります。


まとめ

10万円前後でのトイレリフォームは可能です。メインになる費用は便器そのもの。便器にたくさんの機能を求めなければ10万円以下のリフォームが可能です。床の張替えも一緒にしたほうが、別の機会にするよりリーズナブル。
まとめて見積もりをしてもらって検討してください。節水機能のついた便器への交換なら助成金が支払われる可能性もあるので問い合わせましょう。

 BACK