ツムギの「日々」について

2018.06.01
職人起業塾
<職人起業塾>


こんにちは。代表の橋本です。
先日は懇意にさせていただいている方のご紹介で職人起業塾へオブザーバーとして 参加させていただきました。

現場のマネジメント意識が業界を変えるというコンセプトのもと
目的と手段について明確化し、何のために何をするのかということを学んできました。


その中で私もインターネットでしか見たことがないのですが、「3人のレンガ積み職人」
のお話しは特に目的意識を醸成するのに良いお話しだと感銘しました。






3人のレンガ積み職人
旅人が街を歩いていると、レンガを積んでいる3人の職人に会いました。
旅人が何をしているのですかと聞くと、
1人目は、「見ればわかるだろう。積めと言われたからレンガを積んでいるんだよ。」
と面倒臭そうに答えました。
2人目は、「レンガを積んで“壁”を作っているんだ。大変だけど、賃金が良いからやっているんだ。」
3人目は、「レンガを積んで、“教会の大聖堂”を造っているんだ。この教会は人々の心のよりどころとなり、完成したらみんな喜ぶだろう。とても光栄だよ」と。
3人とも「レンガを積んでいる」という仕事は同じですが働く意義目的意識が全く違います。
1人目は、言われたからやる。2人目は生活のために仕方なくに働いている。
3人目は、志を抱き、明確な目的を持って働いています。
我々もこの3人目の職人のように大きな志を持って励んでいきたいと思います!

高橋社長、ありがとうございました。

 BACK