ツムギの「お知らせ」について

2019.09.24 コラム
マンションのトイレをリフォームしたい!費用はどのくらい?

マンションのトイレをリフォームしたい場合、排水管など共有部分が関連するため、どのようなリフォームができるのか気になります。
水回りのリフォームは、隣人へ迷惑を及ぼす可能性があるため慎重にしなくてはいけません。
また、気になることは費用面です。予算内でどのようなトイレができるのか、デザインを考える前に押さえておくべきことがあります。
まずどのようなトイレにしたいのかをシミュレーションし、
予算を考えながらスタイリッシュなトイレを実現していきましょう。

1.マンションのトイレのリフォームの流れ

マンションのリフォームで何をしたいかを考えましょう。

 

・便器の機能や大きさ

 

トイレでまずリフォームをしたいと考えることは、便器そのものの交換ということが多いようです。大きめの便器で座った時に楽であることや掃除のしやすさ、見た目の美しさなどでがポイントです。またウォシュレット機能付きかどうかも選択肢に置く場合があります。

そのほか、魅力的な機能として脱臭機能があります。自動的に脱臭してくれるものやリモコンで脱臭する機能などがあり、臭いが気にならなくなります。

 

・コンセントが必要になる場合も

 

便座の冷たさや夜の冷えが気になることがリフォームをしたい理由の場合、コンセントが必要になります。新しいマンションはコンセントが設置されています。が、古いマンションの場合はコンセントを取り付ける工事が必要です。

 

・タンクレスにする

 

高齢者が体をターンさせる場合や小さなお子さんがトイレトレーニングをする場合にある程度のスペースが必要です。それだけではなく、スペースがあると気持ちよく過ごせます。そのため、タンクのないトイレを考えている人も多いことでしょう。

タンクのないトイレにはそのほかにメリットがあります。朝出勤・通学前にトイレを続けて使うとタンクに十分水を貯められません。そのため、ちゃんと流せないという問題が出てきます。その点、タンクのないトイレは水道管の水圧を利用して流すため、いつでも同じように流せます。

 

・手洗い場を作る

 

特にタンクレスにした場合、タンクの上についていた手洗い場もなくなるため、手洗い場を作る必要があります。タンクの上にある手洗いは、意外と汚れが付着しやすいため、手洗い場を作ると掃除がしやすくなるのもメリットです。

ただし手洗い場を作るときに排水管を移動しなくてはならないのかどうか心配です。

 

・床や壁の張り替え

 

便器を新しくしたらトイレの部屋そのものも新しくしたくなります。また便器を交換すると便器の大きさなどの違いから床に跡が残ってしまうかもしれません。

床材はカビが生えにくい加工がほどこしてあるものや掃除をしやすい表面にでこぼこが全くないタイプなど。また、将来を考えてバリアフリーにしトイレの入り口を平らにすることも考えられます。将来、バリアフリーにする予定があるのであれば、全部一緒にした方が仕上がりもきれいでリーズナブルです。

 

・扉を新しくする

 

床や壁の張り替えをすると扉や天井が古ぼけて感じるようになるかもしれません。扉を全部帰るとするとそれなりに予算が必要になります。他のドアや廊下とのフィット感も考える必要があります。扉の内側を削ってペイント、または壁紙を貼るなどの選択もありです。トイレのドアは工夫次第で予算を抑えられます。

 

・トイレのアクセサリーもリニューアル

 

トイレの吊り戸棚やトイレットペーパーホルダーなども新しくして気持ちよく使えるトイレに。トイレ用洗剤やトイレットペーパーのストック、タオル類などをしまっておく棚があると便利です。ただ、全部見えてしまうと生活感が出てしまうので中が見えないような吊り戸棚にしてすっきりまとめておしゃれなトイレに。

 

マンションのトイレリフォームの流れ

 

基本的にトイレリフォームの工事はあまり大きな音が出るような作業はありません。また、ほとんどの工程を1日で終わらせてしまいます。多くて2日程度です。そのため、マンションで隣人に迷惑をかけることはまずないと言えるでしょう。

 

・養生

工事をする場合、工具や材料を運ぶ際に壁や床が傷つかないように養生をします。養生というのは、マスキングテープやシートを使って床や壁をカバーすることです。玄関からトイレにかけて養生をします。マンションの場合は、自宅の玄関だけではなく、エスカレーターの内部なども養生が必要です。

 

・撤去

便器を取り外します。このとき、水を止めてしまうので、キッチンなども水が使えなくなる可能性があります。壁紙や床材を交換する場合は、便器を取り外しのあとに全部撤去します。その後、必要に応じて給排水工事を行います。

 

・内装工事

壁紙と床材を貼り付け、棚を内装業者の人が設置します。この時点では水は使えるようになっています。

 

・トイレ設備の設置

便器などトイレ設備製品を搬入し、設置して完成です。

 

 

2.マンションのトイレのリフォーム費用の相場とは?

国土交通省がリフォームをする際の目安を発表しています。国土交通省の資料によると、温水洗浄便座の設置が8〜16万円、タンク式でのトイレ全体のリフォーム20〜100万円、タンクレストイレへの交換が30〜50万円です。便器の値段は幅が広く、安いタイプで7万円で、人気商品のほとんどが10万円代です。
壁や床の張替えは、トイレはほぼ5平米以下といのが一般的ですからあまり高価ではありません。3万〜5万円ほどです。ですから、せっかく新しい便器を取り付けるのであれば、内装も新しくしたほうが気持ち良いかもしれません。費用を左右するポイントはどのトイレを選ぶか、タンク式にするかタンク無しにするかで費用が決まってしまいます。ある調査によるとトイレのリフォームにかける費用は21万〜60万円で実行した人が多いという結果が出ています。もちろん中には100万円以上かけて理想のトイレにした方もいらっしゃいますし、20万円以下でかなり満足のいくトイレにした人もいます。
手洗い場を作ったり、壁や床の交換もすると80万円以上になるため、リフォームで外せないポイントをチェックして予算を立てましょう。

まとめ

トイレのリフォームで考えられる工程は次のようなものがあります。

 

・便器の機能や大きさ

・コンセントをつける

・タンクレスにする

・手洗い場を作る

・床や壁の張り替え

・バリアフリーにする

・扉を新しくする

・トイレのアクセサリーをリニューアル

 

どのようなトイレにしたいのか、予算によって絶対外せないことはなんなのかを考えることが大切です。一般的には21万〜60万円の範囲でトイレのリフォームをしている人が多いというデータがあります。その上で業者に見積もりを作ってもらって費用を調節していき、理想的なトイレリフォームを実現しましょう。マンションのトイレリフォームを数多くこなしている業者がおすすめです。

 BACK