ツムギの「お知らせ」について

2020.02.20 コラム
マンションのトイレリフォーム!費用はどれくらいかかるのか?

この記事をご覧の皆さんの中には、マンションのトイレのリフォームをするのに費用はどれくらいかかるのかという疑問を抱いている人もいるのではないでしょうか。マンションでのトイレのリフォーム工事を行う際に、具体的な費用がどれくらいかかるのか知りたいと考えられるのは不思議ではありません。そこで、今回の記事では、マンションのトイレのリフォームをするのに費用はどれくらいかかるのかなどついて説明していきます。


トイレリフォームについて


トイレのリフォーム工事に着手する前にリフォームの対象部分の範囲を決める必要があり、その対象範囲によって費用が変化します。そこで、以下においてリフォームの部位別の平均費用について説明していきます。


① トイレ本体の交換


トイレ本体の交換には、以下のようなものがあります。

  1. 一体型のトイレへの交換(便器と便座、そしてタンクまでが一体で繋がっているタイプのもの)
  2. 組み合わせ型のトイレへの交換(便器と便座、タンクまでもが分かれているタイプのもの)
  3. 和式タイプのものから洋式タイプのものへの交換


トイレ本体に付随する便座には、「普通便座」、座面が暖かくなる機能のある「暖房便座」、温水での洗浄機能を持つ「温水洗浄便座」などがあります。また、トイレの排水の種類には「床排水」と「壁排水」の2種類のタイプがあり、「床排水」とは床に接続された排水管を通って水が流れるタイプのもので、「壁排水」とは壁に接続された排水管を通って水が流れるタイプのものです。

この2種類は排水管の設置されている位置が異なるので、リフォーム工事の際に設置できるトイレのタイプに影響を与えるので、リフォーム費用が変化する要因の1つになります。上記で説明したトイレ本体の変更にかかる平均的な費用は、おおよそ20万円~40万円の間になるようで、リフォーム工事の検討の際にはこれぐらいの予算を見ておいた方が賢明でしょう。


➁ 手洗い場の設置


手洗い場の種類は、以下のように大別されます

 

  1. ブラケットタイプ(洗面器を壁に固定して取り付けるタイプ)
  2. カウンター付きタイプ(洗面器がカウンターに乗っているタイプのもので、カウンターにものを置くことが可能)
  3. キャビネット付きタイプ(洗面器の下にキャビネットがついているタイプのもので、キャビネットを収納として利用可能)

 

これら手洗い場の設置かかる平均的な費用は、おおよそ10万円~40万円の間になるようで、手洗い場の設置工事の検討の際にはこれぐらいの予算を見ておいた方が賢明でしょう。

 


③ 壁紙やクロスの交換


トイレの壁紙には、抗菌機能や消臭機能などの機能が備わっているものがありますが、経年劣化によりそれらの機能は徐々に低下していきます。壁紙の交換はトイレの匂いや壁紙の表面などの清潔感を維持するうえでとても重要になります。壁紙の交換にかかる平均的な費用は、トイレの広さによりますが、1平方メートルあたり量産クロスの場合は、約1,000~1,200円、1000番クロスの撥水性や耐水性の壁紙やクロスを使用した場合は、約1,500~2,000円になることが想定されます。

 


④ 床の張り替え


トイレの床には、デザインはもちろんのことながら、水、アンモニア、洗剤に対する耐性が強い素材や汚れにくい素材があり、床を長持ちさせやすい機能を持った床のタイプがあります。トイレの室内の構造上や利用目的から壁紙以上に汚れや機能の低下が見られる箇所で、トイレの空間の清潔感を維持するためには、適切な時期に床の張り替えを行うことは重要になります。トイレの広さや床の素材のグレードなどによって価格は変化しますが、床の張替えリフォームの価格の相場は2万円~6万円ほどになっているようです。


マンションのトイレリフォームをするときの注意点


マンションのトイレリフォームをするときの注意点には、どのようなものがあるのか以下において説明していきます。


① 「立管」「柱型」の排水管確認の問題


マンションのトイレリフォームをするときの注意点の1つ目には、「立管」「柱型」の排水管確認の問題が挙げられます。「立管」と「柱型」は、マンションなどのトイレにおいて使われている排水管のタイプであり、これらは便器の後ろに一定のスペースが必要になることから、トイレのリフォーム工事で設置できる機種には制限があります。トイレのリフォーム工事に着手する前にトイレの排水管の種類についてまずは確認することが重要になりますので注意しましょう。


② 管理事務所への届け出が必要


マンションのトイレリフォームをするときの注意点の2つ目には、管理事務所への届け出が必要であることが挙げられます。マンションでリフォーム工事を行いたい場合、管理事務所にリフォームの申請を行い、許可をもらう必要があります。マンションでリフォーム工事をする際に大きな騒音が出ることもあり、何か工事中に他の意部屋に不利益を与えるような事態が発生した場合に事前に許可を得ていないと、その後の対処が大変です。マンションでリフォーム工事を行う際には必ず管理事務所への届け出し、許可をもらいましょう。


まとめ


ここまで、マンションのトイレのリフォームをするのに費用はどれくらいかかるのか中心に説明してきましたがいかがでしたか。トイレリフォーム工事はある程度まとまったお金が必要になるので、事前に予算を確保していないと円滑に行うことができません。そこで、この記事をご覧の皆さんは、今回の記事で説明した内容を参考にしてマンションのトイレのリフォームをするのに費用はどれくらいかかるのかについての学習に役立てると良いのではないでしょうか。

 

 BACK