ツムギの「お知らせ」について

2020.03.26 コラム
マンションのトイレリフォーム費用とおすすめポイントは?

マンションのリフォームに関しては、水回りのリフォームをするケースが多く見られます。特に10年~20年でトイレリフォームをする人が多くなっています。マンションのトイレリフォームの費用と、おすすめしたいリフォームのポイントについて紹介します。


マンションのトイレリフォームにはいくら位かかる?


マンションのトイレリフォーム費用ですが、平均費用としては20万円~100万円まで幅があります。便器と便座だけのリフォームでは5万~10万円で安くできますが、最新の温水便座や暖房、脱臭機能付きや節水タイプなどを選べば10万円~20万円となります。


また、自動洗浄やタンクがないタイプ、蓋が自動開閉する最新タイプならば、20万~30万以上と便器・便座だけでも高額になります。便器・便座の交換は、求めるトイレの最新機能によって、5万~30万円と費用も異なってくると考えるといいでしょう。


他にも、トイレ内の設備的なリフォームをする場合の費用も見ていきます。手すりを付ける際は10万円未満ででき、床材を張り替える場合は便器を移動しますので10万円~20万円かかります。温水便座や暖房付きのトイレなどにする場合で、コンセントがトイレ内にない場合はコンセントを設置する工事を行うのに別途10万円未満の費用が必要です。


また、タンクレストイレにして、手洗い場を別にトイレ内に作る際には、工事費だけで8万円ほどの費用が発生します。設備的な面でのリフォームにはそれなりの費用がかかります。トイレの内装も変える場合の費用についても紹介します。トイレ本体と床、壁すべてをリフォームすると、20万円もしくは30万円~60万円が必要です。

 

どんな内装にするのか、素材によっても費用に幅が出てきます。和式を洋式にする場合も、50万円以上の高額な費用が必要です。トイレの位置を変え、排水管を移動させる場合も高額となりますので、知っておきましょう。


マンションのトイレリフォームのおすすめポイントは?


マンションのトイレリフォームの費用について見てきましたが、費用を押さえたいという人も多いでしょう。その場合、便器と便座だけを新しいものに変えるのが一番安い方法です。最新の機能などを求めないならば、10万円以内の費用で実現できます。



それ以外に設備や床や壁もリフォームする場合は、少し高額になりますが、マンションのトイレの壁や床が汚れてきた、匂いが染みついているとリフォームをしたい人も結構います。費用はかかりますが、床や壁のリフォームもおすすめです。



また、マンションのトイレは通気が悪く、湿気がこもってカビが生えやすいこともあり、壁や床をリフォームする人も出てきます。そんな場合には、壁や床に防カビ効果や防水性のある素材を選んでみるのがリフォームのポイントです。調湿効果や消臭効果のある珪藻土を選ぶのもおすすめです。



トイレリフォームには、実はいろいろなリフォームがありますので、便器・便座だけのリフォームにするのか、設備や内装もリフォームするのか、どんなリフォームをしたいのか、要望や改善点をしっかり考えた上で取り組むことが大切です。それによって、予算も大きく変わりますので、後でリフォーム会社と意見が異ならないようにするのもポイントです。


マンションのトイレリフォームで気を付けたい注意点


マンションのトイレリフォームで気を付けたい注意点についても紹介します。マンションのトイレリフォームで気を付けたいことは、マンションの排水方式を確認することです。集合住宅の場合には、床排水と壁排水が決まっていますので、それによって新しいトイレの選び方が変わってきます。

 

今と同じ排水タイプを選ぶことが大切ですので、事前にしっかりチェックしましょう。床排水の場合には、汚水を流す配管が床下を通り、排水管が見た目には見えないのが特徴です。壁排水では、トイレの後ろの壁に排水管が伸びているのがわかります。

 

マンションによってどちらのタイプのトイレが付けてあるのかを自分でチェックする必要があります。また、トイレの位置や形が以前と異なり、排水管の位置がずれて排水の勾配が取れずに流れが悪くなることもありますので、業者との確認が必要です。



さらにまた、マンションでは、それぞれに管理規約や使用細則が決められていますので、リフォーム可能な専有部分でもできない工事もあります。事前によく読んで確認してから取り掛かることが必要です。


まとめ


マンションのトイレリフォームの費用とリフォームをする際のおすすめのポイントについて紹介しました。トイレのリフォームは、10年~20年で行う人が多くなっていますので、しっかり予定を立てて、費用やおすすめポイントを理解しておくのがいい方法です。便器と便座だけをリフォームするのか、設備や内装を変えるのか、どこまでのリフォームをしたいのかをまず明確にすることが大切です。

 

それによってリフォーム費用は大きく異なりますので、何をリフォームしたいのか、要望、改善したいポイントをしっかりとリフォーム会社に伝えましょう。マンションの現在のトイレの設置状況や規約をしっかり確認の上で、快適なトイレへのリフォームを行ってみるのがポイントです。

 BACK