ツムギの「お知らせ」について

2019.08.26 コラム
トイレの移動がしたい!リフォーム方法をご紹介

「もっと寝室に近い場所にトイレを移動したい」

「古くなったからトイレをリフォームしたい」とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ですが、トイレのリフォームにはどのような工事が必要かよくわからないという方がほとんどだと思います。実は、場合によってはトイレのリフォームは私たちが想像している以上に大変なんです。
今回の記事では、トイレを移動したい方に向けてリフォームの仕方やかかる費用等をご紹介します。

トイレを和式から様式に変更する場合にかかる費用の相場は?

古い家の中には、トイレが和式のままというところも多いのではないでしょうか。「しゃがむのがつらいから、洋式トイレに変更したい」と思う方も多いです。
和式トイレから洋式トイレに変更する場合にはだいたい20万円~60万円ほどかかります。費用はどのようなタイプの洋式トイレに変えるかによって大きく変わります。

具体的には
・便器とタンク、便座が設置されている最もメジャーなタイプの「組み合わせトイレ」の場合 18万円~40万円前後
・便器とタンク、便座がもともとすべてくっついている「一体型トイレ」の場合 20万円~50万円前後
・標準装備でウォシュレットがついているタンクがない最新型の「タンクレストイレ」の場合 25万円~60万円


トイレ以外にも床や内装も変えたい

トイレだけでなく、床や内装も変える場合には、臭いや耐水性などに優れている素材を選ぶようにすることがポイントです。床のリフォームは素材によっては2万5000円前後からすることができます。

主に床素材には

・フローリング
・クッションフロア
・タイル

の3種類があります。

費用に関しては、2畳の場合だと

・フローリング 5万円~10万円前後
・クッションフロア 2万5000円~5万円前後
・タイル 8万円~10万円前後

となることが多いです。

また、トイレの床をリフォームする場合にはクロスなどの内装も一緒にリフォームする場合がほとんどですが、こちらも選ぶ素材によってはプラス8000円~3万円前後でリフォームすることができます。

リフォーム費用は

・ベーシックタイプの「ノーマルクロス」 2畳の場合 8000円~2万円
・デザイン性の高い「ハイグレードクロス」2畳の場合 1万2000円~3万円

となることが多いです。

トイレを移動させるリフォームをする場合には排水管の工事も必要?

冒頭部分でもお伝えしましたが、トイレを移動させるリフォームには排水管を移動させる大掛かりな工事が必要です。
もともとトイレがあった場所から離れたところにトイレを設置する場合には、そのぶん給排水管の距離ものびるため工事期間も費用もかさみます。
場合によっては、壁や床をはがして中のものをすべて取り替える「スケルトン工事」というものが必要になる場合もあります。排水管などを移動させる工賃は、業者やケースによってことなります最低でも20万円以上かかることがほとんどです。

トイレの場所を移動するリフォームをする際に気をつけるポイント

トイレを移動させる場合には、以下のことに気をつけなければなりません。

排水管を動かす必要がある

場合によってはトイレ移動のリフォームができないこともある

先程もお伝えしたとおり、トイレの場所を変えずにリフォームをする場合には排水管の工事は必要ありませんが、トイレの場所そのものを移動させる場合には排水管の工事が必要となります。
移動させたい場所がトイレの設置に向いていない場合には、希望の場所にトイレを移動させることができない場合もあります。トイレの排水には排泄物が含まれているため他の下水等と同じ排水管を使うことができません。
その他にも、排泄物が逆流させないためにトイレの排水管にはある程度の傾きが必要なのですが、設置したい場所に排泄物が逆流することのない十分な傾きがない場所であれば、トイレを設置することができません。そのため、トイレを移動させるためのリフォームそのものができない場合があります。トイレのリフォームを検討する際には、移動させたい場所に本当にトイレを設置することができるのか業者にしっかり確認してもらうようにしてください。

まとめ

いかがでしょうか。トイレ移動のリフォームはもっと簡単にできるのかと思っていたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
和式トイレから洋式トイレに変えたり、床や壁を変えるなどトイレの場所を移動させないのであれば、工事期間も費用もそれほどかさみませんが、トイレそのものを移動させるリフォームをする場合にはかなりの費用が必要となります。
トイレを移動させるリフォームを検討している方は、自分の設置したい場所に本当に移動させることができるのかしっかりと業者と話し合うようにしましょう。

 BACK