トイレをリフォームで2階に設置する時のポイントは?

トイレをリフォームで2階に設置してみたいと思う人もいるでしょう。トイレを2階に設置する場合のポイントについてご紹介します。2階の場合には、水回りを上げる必要があり、大変と思いますが、リフォームのポイントについて参考にしてみませんか。


トイレのリフォームの具体的な費用と日数について

まず、一般的にトイレのリフォームを考える場合の費用とそれにかかる日数についてご紹介します。トイレのリフォームを考える場合には、便器や便座の代金だけでなく、給排水の配管の工事費用、内装などのお金がかかります。便器にもグレードがありますが、リフォームでトイレを増設する場合は給排水の配管が繋ぎやすいかどうかがポイントとなります。


便器の費用について言えば、通常のグレードのものでは5万~10万円で安くできますが、最新の温水便座や暖房、脱臭機能付きや節水タイプなどを選べば10万円~20万円となります。他に、内装も変える場合の費用は、床、壁すべてをリフォームすると、20万円もしくは30万円~60万円が必要となります。


1階に設置する場合は費用がそこまでかからないリフォーム費用ですが、2階に設置する場合は、給排水の配管の問題がかかわり費用が高くなるのが特徴です。また、リフォームに関わる日数ですが、トイレの便器や便座自体の設置は1日で済みますが、内装や給排水の配管を工事する場合には2日~5日間程度はかかると思っておくとおすすめです。


2階にトイレをリフォームする場合について

2階にトイレがあると、高齢になった時やけがをして階段が降りられない時などにも便利です。ただし、2階にトイレを増設するリフォームの場合には、費用を少し多めに用意する必要があります。平均的には、最新の便器を選ぶのでなければ便器が10万円~25万円程度かかり、リフォーム工事費用と合わせて40万円~80万円となります。


2階の給排水の配管が1階から繋げにくい場合には、65万円~80万円程度になり、高額となってしまいます。
トイレを2階に設置する場合は、給排水の配管のことを念頭に置いてリフォームすることがポイントとなります。そのため、できればどこに設置するのかを考える時点からトイレリフォームの経験の多い会社に相談するのがおすすめです。費用の面でもアドバイスをもらいながらリフォームを計画していくことが大切と言えます。

 


トイレのリフォームで2階に設置する際に知っておきたいポイント

トイレのリフォームの際のポイントについてさらに詳しくご紹介します。2階のトイレリフォームでは、どこにトイレを設置するのかによってリフォーム工事費用が大きく異なります。1階のトイレに増設する形でトイレを付ける場合には増設する場所をどこにするのかがポイントです。リフォームのおすすめポイントを挙げていますので参考にして下さい。


・できれば1階のトイレの真上に増設するのが最もおすすめです。真上ですと配管をつなぎやすくなり、リフォーム費用が抑えられます。真上が部屋などになっていて、トイレを増設しやすければいいでしょう。


2階と1階が同じような間取りになっていない場合は、真上にトイレを増設しようと思っても思うようにいかない時もあって工事費がどうしてもかさんでしまいます。


・階段近くに2階のトイレを設置する場合は、ドアの形状や開閉スペースに気を付ける必要があります。トイレのドアを設置して出入りするスペースが意外と多く必要となります。2階の階段近くにトイレを増設する場合にはドアの開閉スペースが足らないということもあり、引き戸のドアにする方法もあります。


・トイレを増設する場合に、2階の寝室のそばに増設することも多くなるのではないでしょうか。寝室に近い場所にトイレを増設する場合には、寝ている時に誰かがトイレを使うと排水音が気になることがあります。あまり音がしないように配管に吸音材などの工夫が必要なこともあります。


2階のトイレならではの増設リフォームのポイントがいくつかありますので最初に知っておくことがおすすめです。給排水の配管の問題やスペースの確保の問題、音の問題などがリフォームのポイントです。
これらのポイントを押さえながら費用をしっかり見積もるのがいい方法です。

 

まとめ

2階のトイレリフォームについてポイントをご紹介しました。2階のトイレは、1階のトイレに比べて給排水の配管のことを考える必要があり、どこに設置するのがベストなのかをしっかり考える必要があります。利用しやすくコストが抑えられるリフォームを目指してみられませんか。

2階にトイレがあると便利なことも多くなります。2階ならではのトイレリフォームはリフォーム会社にもしっかりアドバイスを聞いて行うのがおすすめです。2階のトレイリフォームの場合には、費用も日数も余裕を持ってリフォームを行う必要がありますので、計画的に行いたいものです。

 

トイレを広くリフォームしたい場合のポイントが知りたい!

トイレを広くしたいと思っている人は多いでしょう。一日の中でトイレにいる時間は割と長く、広くなったら落ち着きますし、トイレをゆったり使いたい、収納を増やしたいと言う人も多くいます。トイレリフォームの方法について、広くしたい場合のポイントをご紹介します。


トイレリフォームにはどのくらいの費用でできる?

まず、一般的なトイレリフォームについてまず費用がどのくらいでできるのかについてご紹介します。トイレの平均なリフォーム費用ですが、一般的に便器だけならば通常のグレードのもので5万~10万円で安くできます。ただし、最新の温水便座や暖房、脱臭機能付きや節水タイプなどを選べば10万円~20万円となります。



他に、内装も変える場合のリフォーム費用では、床、壁すべてをリフォームすると、20万円もしくは30万円~60万円が必要となります。また、給排水の配管を変更する場合にはより多くの費用がかかります。
トイレを広くする場合には、いくつかの方法がありますので、その方法について、ポイントを詳しく見ていきます。

 

トイレを広くリフォームする時のポイント

一般的にトイレの広さは、0.4坪、0.5坪、0.75坪となっていますが、広くリフォームするには、スペース自体を広げる方法と便器などをコンパクトにする方法があります。トイレの広さについてですが、マンションの場合には幅80cm×奥行き120cmの0.4坪の広さのケースが多くなっています。一戸建てに比べると狭い場合が多いでしょう。


一戸建てでは幅80cm×奥行き160cmの0.5坪と広いトイレが一般的です。幅はマンションと変わらないのですが、奥行きが長いトイレが多くなります。マンションではトイレに座るとドアまで近いという感覚を覚える人も多いでしょう。広くリフォームする方法についてポイントを挙げますので参考にしてみるとおすすめです。まず、トイレ自体のスペースを広げる方法と便器をコンパクトに替える方法について詳しくご紹介します。


・トイレスペースを広げる方法


トイレスペースを広げる方法は部屋の構造などがありますので、可能な場合と無理な場合がありますので、リフォーム会社にまず相談することがおすすめです。トイレのスペースを広くする場合には、費用も多くかかってきますので、できれば、スペースは変えずに、便器などをコンパクトに替えるのもいい方法です。


・便器をコンパクトに替える方法


タンクレスの便器にしたり、収納も兼ねたシステムトイレにしてすっきりさせたりする方法があります。タンクレストイレは、便器自体も小さめの物が多く省スペースになります。ただし、水圧の問題もありますので確認の上、検討してみるといいでしょう。

 

ドアや内装、設備の工夫で広く見せる方法もおすすめ

トイレのドアや内装、設備の工夫で広く見せる方法もあります。


・ドアの開け閉めスペースを広く取る方法


トイレはドアを開閉する際に狭いと思うことが多くあります。そんな場合にドアの形状を引き戸などにするリフォームもおすすめです。また、車いすなどでも入れるように開閉部分を広げたいケースもあり、ドアの形状を変えるのもいい方法です。


・内装で広く見せる方法


また、トイレスペース自体は変わらなくても壁紙の内装を白っぽい色や薄めの色にすることで広く見せる方法もおすすめです。黒っぽい色やはっきりした色にした場合には引き締まった雰囲気になり、狭く見せてしまいますので注意しましょう。



また、柄物の壁紙にする場合は小柄の模様を選ぶのがおすすめで、大柄のデザインの場合には狭い印象になります。壁紙を張り替えるだけなら安くリフォームでき、広い雰囲気を演出してみるのもいいでしょう。
柄物やはっきりした色を使いたい場合には、1面だけを異なる壁紙にして貼ってみるのも素敵です。


・手洗い場や収納スペースを工夫する方法


トイレを広くして手洗い場を設置したいという人や収納スペースを広げたいという人もいます。便器のタンクの後ろに収納スペースを増設したり、壁際に収納を付けたりするのもいい方法です。
手洗い場については、収納と一緒になったシステムトイレやコンパクトな手洗い場もありますので選ぶことができます。

また、手洗い場は無理にトイレ内に付けなくても洗面所で手を洗う方法もありますので、広さが取れない時はあえて付けない方法もあります。
時には洗面所とトイレをワンルーム続きにして広げるリフォームも可能です。トイレはできるだけシンプルな間取りにして、広さを感じるようにゆったりと落ち着いたトイレを目指すといいでしょう。

 

まとめ

トイレを広くリフォームしたい場合についてご紹介しました。トイレは、元々狭い空間ですので、できるだけ広く見せる工夫が必要です。リフォームして広さは変えずに広く見せる工夫をいろいろすると、費用も抑えられます。また、実際に面積を広げる場合にはそれぞれのケースで費用が異なりますので、費用を見積もってみるといいでしょう。


トイレを使っている中で、どのくらいのスペースがあれば広く感じるのか、奥行きが必要なのか、雰囲気に圧迫感があるのかなどを具体的に挙げてみませんか。具体的な思いをリフォームで改善するのがいい方法です。

 

掃除しやすいトイレリフォームとは?

トイレがどうもスッキリしない、掃除しにくい、あまり清潔に保てないということで悩んでいるにもいるのではないでしょうか。トイレを掃除しやすいトイレにリフォームすることができたら助かります。掃除しやすいトイレにするためのリフォームポイントについてご紹介します。


トイレをリフォームする際の平均費用からご紹介

まず、トイレをリフォームするための平均費用からご紹介します。トイレの平均なリフォーム費用ですが、一般的に便器だけならば通常のグレードのもので5万~10万円で安くできます。ただし、最新の温水便座や暖房、脱臭機能付きや節水タイプなどを選べば10万円~20万円となります。他に、内装も変える場合のリフォーム費用では、床、壁すべてをリフォームすると、20万円もしくは30万円~60万円が必要となります。


また、給排水の配管を変更する場合にはより多くの費用がかかります。
掃除しやすいトイレにする場合には、いくつかの方法がありますので、その方法について、ポイントを詳しく見ていきます。便器を替えることで掃除しやすくなりますが、最新の便器は値段も高くなりますので予算に合わせて考えてみるといいでしょう。

 


掃除しやすいトイレのリフォームポイントは?便座のおすすめは?

掃除しやすいトイレにするリフォームポイントを挙げます。まずは便器を替えることで掃除しやすくする方法がおすすめです。

・トイレの掃除では、便器の掃除に苦労している人が多くいます。最新のデザインや機能を持った便器に替えることで掃除がしやすくなるのは嬉しいでしょう。便器のフチなどの掃除が大変ですが、最近ではフチなしトイレも登場しています。例えばTOTOのフチなしトイレなどがあっておすすめです。


・水流の流れ方を工夫することで汚れを流しやすく工夫されている便器もあります。渦を巻いて水が流れるトルネード洗浄などがTOTOの便器にあります。


・使うごとに「きれい除菌水」を便器自体から吹きかける便器も登場しています。


・また、リクシルでは、「アクアセラミック」で水垢が付きにくい素材の便器なのが便利です。


・便器と蓋の隙間も掃除しにくいため、隙間ができるようにリフトアップするTOTOの便座も画期的でおすすめです。


・また便器自体に凹凸がなく汚れが溜まりにくい形状をしているものもあり、拭き掃除がしやすくなっています。


・タンクレストイレにしてタンクの掃除を楽にする方法もいい方法です。


・壁掛けトイレもあり、壁の強度があれば床面が空くために掃除をしやすいのがメリットとなります。


最新の便器に取り換えることで掃除がしやすくなるメリットは大きいでしょう。最新のトイレは便器だけで7万円台~20万円台までいろいろありますので、機能を比較しながら予算によって選んでみませんか。

 


リフォームで掃除しやすいように床や壁も工夫したい!


トイレの掃除しやすさのポイントは、床や壁の掃除もしやすいように工夫することがおすすめです。


・床はサッと拭けるような床で汚れが付きにくい素材にすることがおすすめです。例えば、タカラスタンダード社にはホーロー素材の「ホーロークリーントイレパネル」があり、トイレの内装材を替えることで清潔に保て掃除が楽になります。

・壁紙も特に腰から下の部分の高さに汚れが付きますので、拭きやすい素材に替えてみてもいい方法です。臭いも付きにくいものを選ぶといいでしょう。


・除湿効果のある壁材もあり、湿気の多いトイレの黒カビを防いでくれます。トイレの壁に珪藻土を塗って臭いを防いたり除湿効果を狙ってみたりするのもおすすめの方法です。


・床材や壁紙は汚れた頃にきれいに張り替えるリフォームを定期的に行ってみるのもいいでしょう。


・他にも、シンプルな造りのトイレを目指し、床にいろいろ置かないようにするのもポイントです。掃除道具やトイレットペーパーなどのストックは、扉付きのキャビネットに収納できるようにシステムトイレにしてみるのもおすすめです。


最後になりますがトイレ掃除についての豆知識もご紹介しておきます。トイレの掃除は週に1回程度決めて定期的に行い、尿による黄ばみと水垢の黒ずみを取り払うことが大切です。また毎日掃除をやっていれば、掃除も簡単に済みます。汚れがひどくない所からひどい所へと順番に拭いていくのがコツで、床や壁の掃除では、足元の床や低い部分の壁を最後に丁寧に拭きます。最も汚れている所ですのでしっかり掃除をするのがポイントです。

まとめ

掃除しやすいトイレにリフォームするポイントについてご紹介しました。リフォームを機会に掃除しやすい便器にしたり、床や壁についても気を配ったりすることで掃除が楽になります。毎日使うトイレは、衛生的に掃除が楽なトイレにリフォームすると暮らしやすくなるでしょう。

 

トイレリフォームで運気を上げてみませんか?

トイレが暗くて改善したい、リフォームで雰囲気を良くして運気も上げたいということもあるのではないでしょうか。トイレリフォームで、トイレ全体をコーディネートして風水にもいい、運気を上げるトイレにリフォームしてみるのもおすすめです。運気を上げるトイレリフォームについてポイントを見ていきます。

トイレリフォームについて

一般的にトイレリフォームは、便器、便座が古くなった場合や新しい機能の物に変えたい、節水型にしたい、場所を取らないコンパクトなものにしたいなどでリフォームすることがあります。他にも、トイレの壁や床が汚れて傷んできたという時もあるでしょう。


また、トイレが暗くて陰気な雰囲気がする、落ち着かない、雰囲気が良くないのでリフォームをしたい人もいます。
トイレのリフォームで気持ち良いトイレにして、運気を上げることも考えてみたいですね。そんな場合のトイレのリフォーム費用についてご紹介すると、一般的に便器だけならば通常のグレードのもので5万~10万円で安くできます。


ただし、最新の温水便座や暖房、脱臭機能付きや節水タイプなどを選べば10万円~20万円となります。
他に、内装も変える場合のリフォーム費用では、床、壁すべてをリフォームすると、20万円もしくは30万円~60万円が必要となります。また、給排水の配管を変更する場合にはより多くの費用がかかります。

 

運気を上げるトイレリフォームのポイント

トイレをリフォームして、運気が上がるようなトイレにしたい場合は、風水でいろいろ考える人も多いでしょう。トイレは、風水上では不浄の気が溜まりやすいとも言われていますので、気を上げることが大切です。よく言われるのがトイレの方角と明るさと色、換気の問題です。


トイレの方角は風水的には、北東や南西のトイレはあまり良くないと言われています。また、玄関近くにトイレがあるのもあまり良くなく、家の中心や玄関の真向い、玄関の真上の2階をできるだけ避けます。あまり家の中心となるような所には設置しないのも一つの方法です。
トイレの明るさについては暗いよりも明るい方がよく、トイレの色を考える場合にはマットやトイレカバー、植物などで色を取り入れるのも方法です。


風水上のそれぞれの方角ごとにおすすめの色を取り入れる工夫もいいでしょう。
また、換気の問題では、悪い気が溜まらないように空気が流れるようにし、できればトイレに窓があると運気が上がります。これらの運気を上げるポイントを押さえてトイレ全体をコーディネートしてリフォームをしてみませんか。



トイレの設置場所や換気の問題については、リフォーム会社としっかり相談の上、決定するようにし、給排水の配管の問題なども相談するのがおすすめです。トイレの場所を移動することになれば、マンションなどでは管理規約も確認した上で行うことが大切となります。

 

トイレをリフォームする際は全体のコーディネートも大事


トイレをリフォームする際には、運気を上げるためにトイレの方角を調べてトイレ全体をコーディネートするのがおすすめで、例えば、北西は方角的にはあまり良くありませんので色で工夫します。北西は金運がいい方角のため、マットやトイレカバー、置物などで黄色を使うのも一つの方法です。



北にトイレを設置することも多くなりますが、北は風水では水を表しているために邪気を流し去ってくれます。ただ北は「冷え」という意味合いも持っているため、気の流れが滞ってしまう可能性も出てきます。温かみのあるナチュラルベージュや暖色系や薄いピンク系などで温かみを添えてみるといいでしょう。



色によってトイレの運気を上げるために、壁の一面だけの色を変えたりするのもいい方法です。
トイレは、照明もできるだけ明るめにすると運気も上がります。照明自体も明るい色のペンダントライトに付け替えて、雰囲気を明るく工夫してもおすすめです。



壁紙や床の内装もあまり暗い色ではなく、淡いナチュラルカラーや落ち着く色にするのもポイントです。
できれば窓も設置して換気に努め、インテリアもシンプルなインテリアを目指してみませんか。トイレ全体で、壁や床の内装、照明の明るさなどをトータルコーディネートして、明るい雰囲気、シンプルな雰囲気を目指すのがポイントです。

 

まとめ


トイレのリフォームで運気を上げる方法についてご紹介してきました。せっかくリフォームを行う場合には、運気を上げるリフォームも行ってみてはいかがでしょうか。運気を上げるには、方角や換気や色の問題など、リフォーム会社にいろいろ相談し、理想に近いトイレを目指せるよう、しっかり要望を伝えてみるのがおすすめです。



構造上、難しい場合もありますので、よくリフォーム会社と相談することが大切です。
明るく衛生的なトイレを目指し、換気もよくでき、掃除もしやすいトイレにリフォームすることで運気も上がってきます。いい気を作るトイレリフォームについても検討してみませんか。

 

押入れをトイレにリフォーム可能?リフォームのポイントは?

押入れをトイレに変えたい、トイレを増設したいと考える人も意外に多くいます。トイレがもう一つあると便利という場合に、増設は可能なのでしょうか。工事の内容とリフォームのポイントについてご紹介します。


押入れにトイレを増設する際に必要な工事内容と費用は?


押入れにトイレを増設する場合に必要な工事内容とは、どんな内容なのでしょうか。押入れは、トイレにリフォームしてもちょうどいい大きさですので、リフォームして増設したいと考える人がいます。


「2階にトイレを増設したい」「高齢や病気、けがのために部屋の中にトイレが欲しい」など様々な要望で押入れにトイレを作りたい人がいます。トイレを増設する場合に、具体的にどんな工事が必要なのかを知っておくのがおすすめです。トイレを作るには、たたみ1畳分程度の広さが必要ですが、押入れは広さとしては最適な広さです。


押し入れをトイレにリフォームする方法ですが、全部を解体し、外から排水・給水設備工事を新たに作る必要があります。また、電気がありませんので、電気の配管や配線工事が必要です。 押入れをトイレにするリフォーム費用については、単独でお願いする場合には約30万円~100万円程度の費用が必要です。


押入れをトイレにリフォームする際のポイントは?


トイレのリフォームを考えた場合に、増設リフォームの場合には、給排水設備を整えることにお金がかかります。現存する配管と繋ぎやすい場合はいいのですが、最初に予定していない場所に配管を繋ぎますので、繋ぎにくいケースがあります。そうした場合にはリフォーム費用が多めにかかります。


リフォームの費用を考える場合に、便器を最新の機能のものにしたり、配管が繋ぎにくかったりした場合は、費用が高くなると考えておくといいでしょう。費用の内訳についても知っておくのがいい方法です。便器は、2万円~10万円程度のものがあり、どんな便器を付けるのか、押入れがどんな場所にあるのかで費用が異なります。


押入れの場所なども確認してもらった上でリフォーム専門会社に依頼する必要があります。 押入れをトイレにするには電気工事代5万円~6万円、内装工事代も床を張ったり、壁に壁紙やタイルを張ったりする必要がありますので、4万円~5万円程度かかることを計算しておきましょう。


リフォームの注意点は?


押入れからトイレにリフォームする際の注意点についてもまとめてみました。

 

・押入れの広さの問題

リフォームする際には、押入れのスペースも確認しておく必要があります。1畳は約1.82平方メートルですが、押入れが1畳なくても1平方メートルあればトイレにリフォーム可能です。狭い押入れの場合には、壁を壊して広げてトイレにする方法もあります。トイレにする広さについてや、増設の仕方については、実績のあるリフォーム会社に尋ねるといいでしょう。


㈱ツムギ住研ならば、トイレへのリフォーム実績も多くておすすめです。また、高齢のためトイレを増設するためには、車いすが入れるように1畳以上の広さがおすすめです。いい機会ですので、将来のことを考えて広めのトイレにリフォームするのもいい方法です。トイレのドアについても、引き戸のドアを作ることで高齢になってからも利用しやすくなります。

 

押入れを高齢者のための介護トイレにリフォームした場合には、補助金も活用できます。要支援や要介護などの高齢者がいる場合には、リフォームの際に補助金を活用するのもいい方法です。トイレ内に手すりを付けることもできますので、リフォーム会社と一緒に検討してみるといいでしょう。

 

・換気の問題

また、押入れをトイレにする場合は、換気の問題にも気を付けます。トイレの換気は匂いの問題とトイレ内の湿気の問題がありますので付けることが大切です。換気扇を付けるには3万円程度かかり、外壁に接した押入れの場合は換気扇も安く付けられますが、室内の場合は、天井埋め込み型になり値段も上がります。

 

・2階に増設したい場合

トイレを2階に増設したい場合も注意が必要です。2階に増設したい場合は、給排水の問題がありますので、リフォームの最低料金が上がりますので注意しましょう。50万円~100万円程度が必要となります。

 

・マンションの場合のリフォームの管理規約について

マンションの押入れをリフォームする場合は、給排水がどうなっているのかを調べる必要があります。マンションの管理規約が細かくありますので、給排水を触る場合は必ず読んで注意しましょう。リフォームをする前にどんな工事をするのか、確認をしてもらってから工事を行うことが必要です。


まとめ

押入れをトイレへリフォームする際のことをご紹介しました。トイレを増設するためには、給排水設備が必要で、他にも電気工事や内装工事が必要です。配管が繋ぎにくい場合やどのくらいの広さが必要なのかも考える必要があります。いろいろ検討してから行うことが大切で、リフォーム業者とも相談しながら予算組みをして行うのがいい方法です。

トイレを納戸にリフォームする際のおすすめポイントは?

使わなくなったトイレを納戸にリフォームしてみるのがおすすめです。季節物の洋服や家具、家電などを入れておくスペースが足らない家も多いでしょう。そんな際に不要になったトイレスペースがある場合には活用するのがおすすめです。2階のトイレや昔の汲み取り式トイレなど不要になったトイレを納戸にリフォームするおすすめポイントを見ていきます。


トイレを納戸にリフォームする人は多い?


2階にトイレを作ったけれども、使わないという人も割といます。また昔のトイレを使わないままそのままにしているという人もいます。不要のトイレを納戸にリフォームしている人も結構いますので、有効活用してみるのがおすすめです。


納戸にしてウォーキングクローゼットなどで使ってみるのもいい方法です。トイレは、1畳くらいのスペースですが独立したスペースのため納戸にすることで多くのものが収納できておすすめです。スペース的に納戸に活用しやすい広さとなっています。


トイレを納戸にリフォームする際のおすすめポイント


トイレを納戸にリフォームする際のおすすめポイントについて、いくつかご紹介します。

・季節物などをしまうようにリフォームする

トイレは、扉も付いていますので、季節物の洋服や普段使わない冬のこたつやヒーターなどを保管するのに向いています。たくさん収納しても扉を閉めておけますので、見た目がスッキリしておすすめです。できれば棚なども作って、洋服などを収納できるウォークインクローゼットにするといいでしょう。


電気製品も細々としたものがあり、収納に困っている人も多くいます。電気製品を置いて、その上にも棚を設けて収納できるスペースを作るのもおすすめです。壁に囲まれたトイレは、棚も作りやすくて便利な空間と言えます。

・清潔感のある雰囲気の納戸に

トイレを納戸にする場合ですが、以前トイレでしたので、清潔感のある雰囲気にすることもポイントです。トイレの雰囲気も一掃したリフォームがおすすめです。一般的にトイレの床は、クッションフロアのことも多く、雰囲気を変えてボードに張り替えることでイメージが変わります。

また、壁もタイルのことが多いため、ボードを張って違う雰囲気にリフォームできます。 これらのことをまとめてリフォーム会社にお願いすることで、トイレの撤去、排水管の処理、壁や床の提案まで素敵な雰囲気になります。できるだけ専門のリフォーム会社にお願いして、トイレには思えない納戸にするのがポイントです。


トイレを納戸に変更する際の費用は?どこまでリフォームするのかもポイント!


トイレを納戸に変更する際には、費用も気になります。リフォーム会社にお願いする場合、和式や洋式のトイレの撤去や排水管の処理に和式で2万円~3万円、洋式で3万円~4万円必要です。汲み取り式の場合には、便器の撤去などに2万円~3万円、トイレに段差があったりした場合や便槽を埋めたりするのに20万円が必要となります。


そして、どこまで納戸としてきれいにリフォームするのかによっても、費用が異なります。壁や床をきれいに張り替える場合には、クッションフロアは2万円~4万円、クロスも2万円~4万円で張り替えが可能です。張り替える素材によってリフォーム費用に差が出ます。トイレの撤去解体及び内装を全て変えるのに和式トイレで6万円~、洋式で7万円~、リフォーム費用が必要となります。


リフォーム費用は必要ですが、家の中をあまり造作せずに、トイレの一部屋分の収納スペースができることは嬉しいことです。収納棚を設置してウォーキングクローゼットのようにするのであれば、棚の造作代が必要になりますが、棚を設置してスペースをさらに有効活用するのもおすすめの方法です。

・トイレを納戸にリフォームしたい時の依頼方法

トイレを実際に納戸にリフォームするには、トイレのリフォーム実績も多いリフォーム会社にお願いしてみることです。神戸市㈱ツムギ住研などにどのようにトイレを活用したいのかを伝えましょう。1畳ほどのトイレスペースを有効活用する方法をリフォーム会社から提案を受けるといいでしょう。


その際に、どんな納戸にするのか、入れたいものを実際に伝えることが大切です。収納したいものの大きさによって、棚を作るなどの造作も異なってきます。トイレの床や壁の内装の仕方も変わりますので、具体的な利用法を伝えてリフォームをすることで、きれいに生まれ変わります。


まとめ


使わなくなったトイレを納戸にリフォームするポイントについてご紹介しました。トイレを納戸にリフォームすると、季節の洋服や電化製品などを収納できてとても便利です。トイレは、納戸へのリフォームに向いています。


そして、リフォームを専門の会社に依頼することで、以前トイレだったことを感じさせないような納戸ができておすすめです。マンションの場合には管理規約をチェックする必要がありますが、トイレのイメージを感じさせない内装で、一部屋分の収納力アップを目指してみるのがポイントです。

トイレを物置にする方法とリフォームポイントは?

使わなくなったトイレを物置にリフォームするケースがあっておすすめです。屋外のトイレ、2階のトイレや汲み取り式トイレなど不要になったトイレをそのままにしていても、もったいないスペースです。物置にしてウォーキングクローゼットのように使ってみるのもいいでしょう。トイレを物置にリフォームする際の工事内容と費用、リフォームポイントを詳しくご紹介します。


トイレを物置にリフォームするのは簡単?どんな工事が必要?


トイレを物置にリフォームする際にはどんな工事が必要なのでしょうか。まず便器を撤去して、配管を処理する必要があります。また、トイレがどんなトイレかによっても工事内容が異なってきます。

・汲み取り式トイレの撤去

汲み取り式トイレを撤去したい場合もあります。汲み取り式トイレなどは、段差があるトイレもあり、段差をなくす工事も必要となってきます。また、和式の便槽を取り払った後を埋める必要もあります。汲み取り式トイレの撤去費用だけですと2~3万円で、段差を埋めたり、便槽を埋めたりする作業が必要で20万円程度かかることがあります。

・和式や洋式トイレの水洗トイレの撤去

和式トイレや洋式トイレの水洗トイレを撤去する場合には、汲み取り式よりも少し簡単に行えますが、便器を撤去し配水管を処理します。費用面では、トイレの便器の撤去解体に一般的に和式で2万円~3万円、洋式で3万円~4万円と言われています。トイレ内に手洗い器がある場合は、それらの撤去も別途必要です。給水と排水を閉栓して壁を塞ぐリフォームを行います。

・トイレ全体を内装までリフォームする費用

トイレ内のクロスやクッションフロアが汚れている時や匂いが気になる場合は、張り替え工事も行うといいでしょう。1畳程度のトイレの内装を変える場合には、クッションフロアは2万円~4万円、クロスも2万円~4万円で張り替えが可能です。どんな素材に張り替えるかで料金が異なります。トイレの撤去解体及び内装を全て変えるのに和式トイレで6万円~、洋式で7万円~となります。


これで1畳程度の部屋が一つ作れますので、使っていないスペースを有効活用するのにおすすめです。収納が足らないという悩みを持っている人にとっては、貴重なスペースになります。 トイレ撤去から床や壁の張替えで2日間程度、物置にして何か棚などを作って造作する場合でも3~4日程度見ておくといいでしょう。


トイレを物置にリフォームする時のおすすめポイント


トイレを物置にリフォームする時のおすすめポイントについてもご紹介します。

・掃除やお手入れの手間がなくなる

トイレを物置にリフォームするおすすめポイントですが、不要なトイレの掃除やお手入れの手間がなくなることも大きなポイントです。不要なトイレでもそのまま放っておくわけにはいきません。使わずに水が少なくなってくると匂いがしてくる可能性もあります。掃除や水を流すなど手入れをする必要があります。トイレを物置などにリフォームすることで、トイレを管理する手間もなくなり、無駄なスペースを有効活用できておすすめです。

 

・扉が付いた物置は便利

トイレは、狭い空間ですが扉が付いた独立した空間ですので、物置にするにはおすすめです。全体的に棚を作るなどをして、ウォークインクローゼットのようにもできます。壁で囲まれた空間ですので、壁に沿って棚も多く付けやすいのがメリットです。作り付けの棚を設置してもいいでしょう。また、大きな道具も壁に立てかけて収納できて便利です。廊下や他の部屋で片付かなかった荷物をトイレの空間に入れることで、ほかが片付きます。


トイレを物置にリフォームしたい時の依頼方法は?


トイレを実際に物置にリフォームしたい時の依頼方法ですが、リフォーム会社にどのようにリフォームしたいのかをまず連絡します。トイレのリフォーム実績も多い、神戸市㈱ツムギ住研などにトイレをどのように活用したいのかを伝えて下さい。1畳ほどのスペースですが、有効活用する方法をリフォーム会社からしっかり提案を受けるといいでしょう。


その際に、物置にするだけなのか、クローゼットにしたいのかなどを具体的に決めておくことも大切です。それによって床や壁の内装の仕方も変わりますので、具体的な利用法を検討し、どんな物を入れたいのかを決めておくのがいい方法です。 ただし、マンションの場合には、管理規約があり配管を触りますので、管理規約などを最初に確認して了解を得るように注意しましょう。


まとめ


使わなくなったトイレを物置にリフォームする方法を見てきました。トイレを物置にリフォームすることで、無駄だったスペースを有効に使うことができるようになります。トイレ空間は、独立した空間で物置にリフォームするのに便利で、日数もあまりかからずにできますので一度検討をおすすめします。

トイレを部屋にリフォームする際の費用と注意点は?

使わなくなったトイレを部屋にリフォームしたいけれど、どうしたらいいのかわからないという人がいます。「2階にトイレがあっても使わない」「トイレが2つ必要でなくなった」などというケースもよくあることです。トイレが不要になった場合に、部屋にすることも可能ですので、その費用とリフォームする際の注意点についてご紹介します。

 


トイレを部屋にリフォームする際にはどんな工事が必要?


「2階にトイレを作ったけれども使わなくて不要になった」「2個以上トイレがあって使わない」という場合にリフォームする方法があります。トイレを部屋にリフォームする場合にどんな工事が必要なのでしょうか。リフォーム方法について詳しく見ていきます。

 

まず、トイレのリフォームのためには便器の撤去が必要です。排水管なども処理する必要があり、手洗い器などが付いている場合はそれも外します。そして、撤去した場合に、床や壁に穴が空きますのでそれを塞ぐ工事が必要となります。

 

トイレをリフォームする場合には、匂いや湿気が気になることも場合によってはあると思います。トイレの汚水管がそのまま残って嫌な場合には撤去する必要があります。ただ、一般的に排水管に蓋をしておくだけでも気にしなければ、臭気はあまり気になりません。

 

また、部屋にする場合に、トイレが広い場合は扉が付いたままでもいいのですが、扉を外して使うリフォーム方法もあります。トイレの壁の撤去についても、耐力壁の場合にはできませんが、トイレの壁を壊して部屋と繋げる方法もあります。


トイレのスペースが無駄でもったいない、部屋に活用したと思う場合には、部屋として広げる方法も可能です。リフォーム会社に尋ねてみる方法がおすすめです。神戸市の㈱ツムギ住研のようなトイレからのリフォーム実績のある会社に詳しく尋ねるといいでしょう。

 

また、部屋にする場合は、内装についてもこだわる必要があります。トイレだった雰囲気をなくすことが大切です。壁などがタイルのことも多く、壁も張り替えて雰囲気を変える必要があります。床や壁の素材も床材やクロスを張ってきちんとする必要がありますので、それなりに工事を行い、経費を掛けることがおすすめです。

 


トイレを部屋にする場合の費用は?


トイレを部屋にする場合の具体的な費用についても気になるでしょう。リフォーム費用は、和式トイレで便器を撤去し、排水管を処理するのに2万円~3万円、洋式トイレで3万円~4万円が必要です。汲み取り式の場合には、便器の撤去などに2万円~3万円、トイレに段差があったりした場合や便槽を埋めたりするのに20万円がかかります。

 

また、手洗い器を撤去する場合にも別途費用が必要です。内装では、床をクッションフロアにするために1畳で2万円~4万円、壁のクロスも2万円~4万円で張り替えが可能です。素材によってリフォーム費用に差が出てきますので、どういう雰囲気にリフォームするのかも検討する必要があります。

 

フローリングの場合には、4万円程度が必要です。トイレの撤去解体及び内装を全て変えるのに和式トイレで6万円~、洋式で7万円~、リフォーム費用が必要となります。フローリングに変更する場合には8万円~となることを知っておくのがおすすめです。


トイレを部屋にする場合の注意点!マンションは特に注意!


トイレを部屋に変更する場合にはまた注意点もあります。マンションなどの場合は、分譲であっても専有部分と共有部分があります。トイレは、家の中にあたり、専有部分になりますが、排水管が関係していますので注意が必要です。また、トイレには換気扇があり、部屋にするには換気扇をどうするのかという問題もあります。

 

一般的にはマンションの場合でも、トイレのリフォームは可能ですが、排水管を触ることになりますので、一度確認をすることが大切です。マンションの管理規約や使用細則もよく読んで、実際に確認を行ってからリフォームをすることが注意点となります。


マンションの管理規約や使用細則には、リフォームについて記述してある項目がありますので、しっかり読んだ上で、事前にリフォームの確認を取るようにします。基本的には、給排水設備を移動させずに、トイレのリフォームをすることでリフォームも可能ですので、撤去して排水管に蓋をするだけでしたら大丈夫になります。

 


まとめ


トイレを部屋にする方法について見てきました。トイレのスペースが無駄な場合にはリフォームする方法もおすすめです。便器を撤去して、排水管を処理して、排水管に蓋をするだけでも匂いがしませんので部屋に利用してみませんか。

 

ただし、マンションの場合には排水管を触りますので、事前に確認しましょう。リフォームして部屋に活用する場合もリフォーム会社と綿密に打ち合わせをして有効な利用方法を考えてみるといいでしょう。様々なリフォームの方法がありますので、部屋らしい内装を整えてスペースを有効活用してみるのがおすすめです。

【保存版】マンションのトイレリフォームについて関連記事わかりやすくまとめました!

リフォームしたいランキングでも上位に入り込む、トイレリフォーム。今回は、中でもマンションのトイレリフォームについて過去にご紹介した関連記事をさらに読みやすく、わかりやすくお伝えできるようまとめてみました。マンションではリフォームにあたって、特別なルール、注意すべきポイントなども実は少なからずあります。拡大保存版ですので、興味のある方、これからマンションのリフォームを控えている方は参考にぜひお読みください。それでは今一度振り返ってみましょう。


マンションの「トイレ」をリフォームで快適に!スタイリッシュな例を紹介


マンションでリフォームを考えるとき、トイレなど水回りがトップに並びます。ただし、マンションのトイレリフォームは制限があるため、事前に知っておくことがたくさんあります。問題をクリアしてリフォームを実現した例を参考にしましょう。

・排水管の位置

トイレの汚水を排水する排水管の位置は、マンションによって2種類あります。排水管が壁に向かって伸び、壁沿いに排水する「壁排水」と排水管が見えない便器から直接床の排水管に流れる「床排水」です。

古いマンションは床下に空間が少なかったため、壁排水の場合がほとんどです。最近のマンションは、床排水が増えています。排水管が後ろ側に出ていないため掃除しやすいなどのメリットがあるためです。


・便器の大きさ

便器の形を厚紙に描いてトイレに置いてみるとどのくらいスペースがあるのか、便器の前に立ったときにどの位置に立つことになるのかなどがわかります。トイレルームの縦横の長さを正確に測ってリフォーム業者に質問してみてはいかがでしょうか。

・タンクレスにする

タンクレスのシステムは、水道水が直接便器の中に入って洗浄します。そのため、ある程度の水圧がないと洗浄がうまくいきません。事前に水圧チェックをすることが必要です

・賃貸マンションでもリフォームができるの?

マンションのオーナーにとってメリットがあれば、OKになる場合があります。賃貸マンションは、退出時に原状回復することが義務付けられています。が、もともとの状態より改善されているのであれば、問題はないはずです。リフォームをする前にオーナーとの相談は必要です。

https://tsumugi-home.com/manshon-renovation-rei/


マンションのトイレリフォーム!費用はどれくらいかかるのか?


マンションのトイレのリフォームをするのに費用はどれくらいかかるのかという疑問を抱いている人もいるのではないでしょうか。マンションでのトイレのリフォーム工事を行う際に、具体的な費用がどれくらいかかるのか知りたいと考えられるのは不思議ではありません。


記事では、マンションのトイレのリフォームをするのに費用はどれくらいかかるのかなどついて説明していきます。集合住宅であるマンションのトイレのリフォームをするのに費用はどれくらいかかるのかなどついて。トイレのリフォーム工事に着手する前にリフォームの対象部分の範囲を決める必要があり、その対象範囲によって費用が変化します。


マンションでリフォーム工事をする際に大きな騒音が出ることもあり、何か工事中に他の意部屋に不利益を与えるような事態が発生した場合に事前に許可を得ていないと、その後の対処が大変です。マンションでリフォーム工事を行う際には必ず管理事務所への届け出し、許可をもらいましょう

 

① トイレ本体の交換

➁ 手洗い場の設置

③ 壁紙やクロスの交換

④ 床の張り替え

の点がかんがえられます。それぞれの費用相場は記事内にありますので参考にしてください。

マンションのトイレリフォームをするときの注意点には、

① 「立管」「柱型」の排水管確認の問題

② 管理事務所への届け出が必要

となります。

 

https://tsumugi-home.com/manshon-toirerifomu-hiyo/


マンションのトイレリフォーム費用とおすすめポイントは?


マンションのトイレリフォーム費用ですが、平均費用としては20万円~100万円まで幅があります。設備的な面でのリフォームにはそれなりの費用がかかります。トイレ本体と床、壁すべてをリフォームすると、20万円もしくは30万円~60万円が必要です。どんな内装にするのか、素材によっても費用に幅が出てきます。

和式を洋式にする場合も、50万円以上の高額な費用が必要です。費用を押さえたいという人も多いでしょう。その場合、便器と便座だけを新しいものに変えるのが一番安い方法です。最新の機能などを求めないならば、10万円以内の費用で実現できます。

 

http://tsumugi-home.com/manshon-toirerifomu-osusume/


まとめ


いかがでしたか。マンションのトイレリフォームにかかわる、あらゆる角度から記事をまとめましたので、集合住宅ならではのルールに十分注意してすてきなトイレリフォームを実現してください。

【保存版】トイレのリフォーム費用について関連記事わかりやすくまとめました!

人気のリフォームエリアの代表格、トイレリフォームについてご紹介しています。暮らしに欠かせない場所なだけに、快適に使いやすくリフォームをしたい方が多いです。今回は、中でもとくに気になる「費用」について過去にご紹介した関連記事をさらに読みやすく、わかりやすくお伝えできるようまとめてみました。拡大保存版ですので、参考にぜひお読みください。それでは今一度振り返ってみましょう。


トイレのリフォームをしたいんだけれど、ローンって組めるの?


トイレのリフォームをしたいけど、現金がないがトイレのリフォームでローンが組めるのかをお伝えします。さらに気になる、トイレのリフォームでかかる総額や、ローンの組み方や支払回数、メリットなども紹介。


少額でもローンが組めるリフォーム業者もあれば、ある程度の金額でないとローンが組めない業者、または銀行や信用金庫に直接行かないとローンが組めないところもあります。


トイレのリフォーム代が心配な方は、まずローンを組んでのリフォームができるのかを調べてから、見積もりを出してもらい、リフォームするとよいでしょう。

https://tsumugi-home.com/can-i-make-a-loan-by-remodeling-the-toilet/


マンションのトイレリフォーム!費用はどれくらいかかるのか?


集合住宅であるマンションのトイレのリフォームをするのに費用はどれくらいかかるのかなどついて。トイレのリフォーム工事に着手する前にリフォームの対象部分の範囲を決める必要があり、その対象範囲によって費用が変化します。

① トイレ本体の交換

➁ 手洗い場の設置

③ 壁紙やクロスの交換

④ 床の張り替え

の点がかんがえられます。それぞれの費用相場は記事内にありますので参考にしてください。

マンションのトイレリフォームをするときの注意点には、

① 「立管」「柱型」の排水管確認の問題

② 管理事務所への届け出が必要となります。

https://tsumugi-home.com/manshon-toirerifomu-hiyo/


トイレの壁紙をリフォームするだけでこんなに素敵!気になる値段は?


壁紙を変えるだけでずいぶんイメージが変わります。壁紙はデザインだけではなく、機能でも選べます。機能付きの壁紙を利用すれば、掃除や日常での快適さが変わります。量産タイプなら約1,000~1,200円/㎡、機能付きなら約1,500~2,000円が相場です。


トイレの壁紙リフォームだけなら工事は3時間前後くらいで終わります。クロスの種類によっても変わりますが、相場は3,000円〜10,000円程度です。ただし、クロス業者によっては最低売り上げを設定している場合があります。最低売り上げは、業者によって異なり、20,000円のところもあれば30,000円のところもあります。

https://tsumugi-home.com/toilet-wallpaper-reform-price/


トイレのリフォーム費用を安く抑えたい!値引き交渉のマナー


トイレのリフォームの費用はなるべく安く抑えたいもの。トイレは毎日利用するので、リフォーム内容は妥協したくない。しかし、少しでも安くするための方法はないかと探している方には必見です。リフォームの値引き交渉は、業者とのトラブルになるケースもあります。

見積もりを立てるために無料でチェックをしてくれる公的機関(スマイルダイヤルなど)があります。安く、満足のいくリフォームにするためには会社の規模と専門領域の狭さとアウターサービスの3つ。リフォーム会社が出す見積もりと公的機関が出す見積もりに大きく差が開いていれば、相談したほうがよいです。

https://tsumugi-home.com/bargain-negotiations-on-toilet-renovation-costs/


トイレのリフォームの総額を知ろう!業者選定のコツも伝授!


リフォームの内容ももちろん大切ですが、どれくらいお金がかかるのか、総額いくら必要なのかも考えておく必要があります。トイレのリフォームは5万円未満から60万円以上まで総額が広がっています。


もちろん、素材の良いバージョンでリフォームすれば、総額も高くなってきますが、優先順位を決めて妥協できるできないラインをリフォーム前に決めておくのもひとつの手段です。記事では、トイレのリフォームをする前にぜひご覧いただきたい、総額や業者選定のコツについて参考にしてください。

https://tsumugi-home.com/total-amount-of-toilet-renovation/


トイレの劇的リフォーム!内装込みで費用相場はどれくらい?


トイレのリフォーム工事の対象には、①内装、②設備交換の2つのものがありますが、それらの具体的な内容はどうなっているのか。


トイレのリフォームの内装工事には壁紙の交換、床の張り替え。トイレのリフォームの設備交換工事にはトイレ本体の交換(①一体型のトイレ、②組み合わせ型のトイレ)が挙げられます。

トイレのリフォームの設備交換工事の2つ目として手洗い場の設置が挙げられます。手洗い場の種類には、

①ブラケットタイプ

➁カウンター付きタイプ

③キャビネット付きタイプ

 

の3つの種類があります。記事ではそれぞれの特徴がまとまっています。

https://tsumugi-home.com/market-price-including-toilet-interior/


まとめ


いかがでしたか。トイレのリフォーム費用にかかわる、あらゆる角度から記事をまとめてみたのでこれからリフォームをする方にとって参考になりましたらたいへんうれしいことです。