トイレのリフォーム はじめる時期・費用・ポイント・流れ(まとめ)

トイレのリフォームとなると、どんな工事だと、だいたい何日くらいが必要かわかりにくいものです。これまでの、トイレ リフォームで、タイミングや時期に関する5つのコラムを簡単にまとめてみました。詳しいことは過去の記事に触れていますので参考になればと思います。


トイレリフォームはどの程度日数がかかるもの?

トイレのリフォームはある程度日数がかかるんですが、トイレは日常的に使うものなので、リフォーム期間が気になる方も多いのではないでしょうか。そうなる前に、あらかじめトイレのリフォームの日程を知っておくことが大切です。気になる日程は、トイレ本体の取り換えは半日から1日程度で済みますが、和式から洋式への取り換えは、便座を付け替える必要があるため2~3日程度かかります。例えば古い洋式トイレから新しい洋式にリフォームした場合には、流す水の量を減らすことができ、水道代が減ることになりエコにもつながります。床材(クッションフロア)の取り換えだけなら4~5時間程度で、トイレをタンクレスにする場合には1日以上かかってしまうこともあります。

また、和式から洋式へのリフォームは、2~3日程度かかってしまい、さらに配管や内装工事が必要な場合には、3~5日かかってしまうこともあります。

http://tsumugi-home.com/toilet-renovation-days/


【問題解決】即日トイレリフォームはどこまで可能なのか

トイレは毎日使うものなので、できれば即日でリフォームをしてほしいですよね。そこで即日ではどこまでリフォームできるのかを解説していきます。即日で可能な工事は、既存便器の撤去、新しい便器の取り付け、クッションフロアの張替工事なら1日あればできてしまいます。

しかし、トイレのリフォームは大掛かりな工事が多く、例えば、手洗い場の設置、便座の位置の変更、内装工事が必要な場合には1日では残念ながら終わりません。例えば古いトイレから、全自動お掃除トイレにする場合には4時間程度で完了します。水道が使えない時間もわずか5分だけなので、日常生活に支障はほとんどないでしょう。ただし、クロスや床材の張替工事にはもっと時間が必要になります。トイレのリフォームはまず古い便器を撤去し、床に養成ボードという保護材を敷き水道を止め、便器を取り外します。

次に排水溝を取り付け水道工事をし、配管工事やトイレカウンターの設置工事をし、最後に水漏れなどをチェックして完了です。トイレの簡単なリフォーム程度なら即日でできますが、和式から洋式への変更には2日程度、床の張替を伴う水道管の交換には3~4日かかってしまいます。即日でできるリフォームは、便器のみの取り換え、洋式から洋式への便器の交換、タンク式トイレのリフォームです。

和式から洋式へのリフォーム、タンクレストイレの設置、手洗い場の設置などは、即日では終わらせることは出来ません。2日以上リフォーム工事が続く場合には、レンタルトイレの設置も考えてみるのもいいでしょう。

http://tsumugi-home.com/toilet-renovation-sameday/


劇的トイレのリフォーム計画!何日でリフォームできるのか?

トイレのリフォームと一口で言っても種類があり、即日で終わるものから2~3日要するものまでさまざまあります。

トイレ本体のリフォーム

トイレ本体の交換には、一体型のもの(便座と便器、タンクまでが一体型のもの)と、組み合わせのもの(便座と便器、タンクが別々のもの)があります。リフォーム期間は一体型であれば半日から1日程度、組合わせ型のもの関しては、組合わせる交換点数の数で工事の時間が決まります。少なくて半日、多いと1日以上かかることもあります。

 

内装のリフォーム

内装にはトイレ本体の交換と、内装のみの交換があります。内装には壁紙や床材の張替もあります。トイレ本体の交換と内装の場合には、1日~2日、内装のみであれば、数時間で終わります。

 

手洗い場の設置

洗い場の設置には、トイレ本体の交換と共に手洗い場を設置するか、手洗い場のみの設置の場合もあります。トイレ本体の交換と手洗い場の設置には少なくとも1~2日、手洗い場の設定のみでも水道工事が必要になるため、まるまる1日は見ておいたほうがいいでしょう。

 

和式から洋式へのリフォーム

和式から洋式へのリフォームは壁紙を張り替えたり、床のタイル部分を壊したりと、手間と時間がかかります。リフォーム期間は和式から洋式への便器の取り換えの他にも、壁紙やタイルの交換も伴うので、2日~5日は見ておいたほうがいいでしょう。

http://tsumugi-home.com/toilet-renovation-plan-how-many-days-can-i-reform/

 

 


トイレのリフォームで失敗しないためのポイントとリフォームの流れ、時間

トイレのリフォームで失敗しないコツは、事前に予算の把握と、リフォームするポイントを明確にしておくことが大切です。約1カ月前くらいにトイレリフォーム会社に問い合わせをし、一度現場に来てもらいリフォームしてほしいところと、期間、金額など明白にしておくことをおすすめします。

リフォーム当日はまずトイレの解体をし(大きな音が鳴るので、近隣への配慮も忘れずに)、次に水漏れや配管のためのスペースを十分に取り、配管の接続と便器の設置をします。トイレの配管は重要なので、細かくチェックして作業が進められていきます。配管が終わったら便座の設置やリモコンの配置などをし、最終確認をして作業終了となります。気になる工事費用の方は、簡単なもので10万円から、複雑なものになると相場は上がります。

http://tsumugi-home.com/toilet-renovation-flow/


不快感を感じたときがトイレリフォームのタイミング!

トイレを長く使っていると、劣化、汚水路、配水管のつまりなどで、水の流れが悪くなってきます。トイレ内にも湿気がたまりやすく、汚水のはねにより壁材の劣化などもあり、床もだんだんと古くなっていきます。トイレの寿命は20~30年と言われており、トイレは毎日使う所なので、不快感や劣化を感じたらすぐにリフォームをし、日々の生活が気持ちよく快適に過ごせるようにしたいものです。

http://tsumugi-home.com/toiret-refome-jiki/


まとめ

いかがでしたか。トイレのリフォームをするにあたり、よくある疑問にもあげられるポイント5つを少しずつ振り返ってみました。トイレをさらに快適に使いやすい空間にするために、参考にしてみてください。

トイレリフォームはどの程度日数がかかるもの?

トイレリフォームしたいものの、どの程度日数がかかるのかわからないから不安という声をよく聞きます。
トイレは、日常生活で頻繁に使用するものです。トイレリフォームに予想外に日数がかかってしまうようでは、
本当に大変なことになってしまうでしょう。
そのような事態になってしまわないように、あらかじめトイレリフォームの工事の目安を知っておきましょう。
ざっくりトイレリフォームは、このような日数で行われています。

トイレリフォームは実際に日数はどの程度かかるものなのか

トイレリフォームにどの程度日数がかかってしまうのか、不安な方々もきっと多くいらっしゃることでしょう。実際にトイレリフォームにかかる日数は、トイレ本体取り換えの場合には、半日から1日程度で完了することができます。しかし、そうでない場合も多くあります。
例えば、和式トイレから洋式トイレへのリフォームという場合では、付け替える工事が必要なため、2~3日日数を要してしまうケースがあります。

トイレリフォームにかかる日数が1日程度のケース

例えば、古い洋式トイレを新しい洋式トイレにリフォームするトイレリフォームするという方々もいらっしゃるでしょう。古い洋式トイレを新しい洋式トイレにリフォームするリフォームをすれば、流す水の量を減らすことができるから、非常にエコな生活を送ることができます。

また、水を流すタンクをなくすことができるので、トイレのスペースを広くすることができるメリットがあります。このような、古い洋式トイレを新しい洋式トイレにリフォームトイレリフォームは、基本日数は、1日程度で完了することができます。一般的には、トイレリフォームでも、本体を取り替えるだけのものでしたら、2時間から3時間程度で完了することができます。
床材(クッションフロア)や壁のクロスの張り替え工事でも、4時間から5時間あたりです。工程は、現在使用している便器、給水タンク、配管との接続部分を解体、撤去します。次には、老朽化している上下水管を交換する作業が入り、新しく設置するトイレの排水部分、給水部分を設置します。(水道の元栓を止める場合もあります。)

次には、新しいトイレを設置し、配管と接続します。
最後には、通水確認、漏水確認をして、お客様に、基本的な操作方法の説明をおこないます。トイレをタンクレストイレにリフォームする場合には、 手洗いをトイレ内に設置する必要が出てきてしまうため、新しく給排水管を設置する配管工事が必要になることもあり、日数が1日以上かかることがあります。

トイレリフォームの日数がかかる場合

また、トイレリフォームは、かなり日数を要する場合もあります。 和式トイレから洋式トイレへのリフォームというケースでも、トイレそのものを付け替える工事が入るため、日数は、2~3日程度要してしまうことになります。

1日目には、既存トイレの解体・撤去・段差解消工事が入ります。

2日目には、トイレ本体の取り付けをし、 動作確認・取り扱い説明など行います。

しかしトイレリフォームの工程で、この段取りがズレて、3日目を要することがあります。便座の付け替えだけでなく、配管工事や内装工事などが必要になってしまうようなケースでは、やはり工事はかなり大がかりなものになってしまうでしょう。このようなトイレリフォームでは、日数が、3日から5日程度かかることもあります。

では、そのトイレリフォームの期間トイレを使用することができないのでしょうか。このあたりのことはやはり一番気にしなければならない問題です。日数が1日というのでは、買い物に出かけている間に工事が終わっている程度の感覚なので、なんとか我慢すれば、すぐにトイレは使えるようになります。しかし数日日数を要するケースでは、 仮設トイレを使うことがあります。

また、配管の工事など、複数の工程が入るケースもあり、かなりの日数、トイレが使用できないケースは出てきます。仮設トイレを利用するケースでは、 撤去費用と、使用料と言ったものも、トイレリフォームの予算に含まれてくるので、あらかじめリフォーム予算として組んでおくことをおすすめします。

まとめ

トイレ本体取り換えの場合には、半日から1日程度で完了することができます。しかし、そうでない場合も多くあります。
ですから、トイレリフォームの場合、まずは現地調査をおこなって、工事内容・範囲をしっかり打ち合わせして、スタートすることをおすすめします。

トイレリフォームという言葉のイメージから、日数が何日もかかってしまうかもということを不安に思っている人たちが多いようですが、 トイレ本体を交換するだけのリフォームの場合、床材や壁紙を変えても、数時間から半日程度の日数で済ますことができます。基本トイレリフォームは、想像している以上手軽に行うことができる方法です。