ツムギの「お知らせ」について

2019.10.18 コラム
リフォーム後のトイレが臭い!原因を突き止めてすっきり

トイレのリフォーム後になぜか臭いが気になるという場合があります。すっきりとしたタンクレストイレにしたり、壁紙まで全部変えてしまったのに臭いがあるなんてがっくりですね。リフォームしたてなのになぜ?まず原因を見て対処方法を考えていきましょう。


トイレリフォーム後の臭いの原因1:工事ミス

トイレリフォームで便器を交換した後に、なぜか臭いがきになるようになったという事例があります。多くの場合、工事ミスが原因です。安い工事で人件費を少なくするために時間を短縮してしまうことが原因です。うっかりした工事ミスだけではなく、工事費を浮かせるために必要な行程をしなかったり、交換すべき部品を見えない場所だからという理由で交換していなかったりする場合もあります。

 ・床にある点検口から悪臭が出ている可能性

トイレの配管が床にある場合、床に点検口が設置されています。点検口や排水管のつまりなどをチェックするための場所です。排水管は汚物が流れる場所ですから当然臭いがあります。床面に隙間があると臭いが登って来るので、ネジによってしっかり締めて隙間がないようにしgています。しかし、ネジの締め方が悪いと臭いがもれることも。床面からの臭いならここのネジの締め方が悪いことが考えられるため、施工業者にチェックを頼みましょう。

 ・床排水口の不備

トイレや浴槽、キッチンの排水口は悪臭の原因になりやすいため、「排水トラップ」というシステムを採用しています。
トイレの場合、中に水が溜まっているのが見えますが、それがトイレの排水トラップの仕組みです。水が排水管に「フタ」をすることで排水管の臭いが上昇することを防いでます。便器の底に水が入っていない状態ですと排水管内の臭気が上がってきます。この状態で換気扇を回しても、臭気が外にいくどころか、かえって嫌な臭いがトイレ全体に広がってしまいます。トラップ内は常に清潔できれいな水が入っている状態が理想です。もし水面が低い、水がないという状態であれば、トラップが壊れていると考えて間違いありません。

 ・便器と床の接続部の不備

便器を床に止めているネジがゆるんでいると、ネジと便器や便器と床のすき間から臭いが漏れてしまうことがあります。ネジを締めて様子を見てみましょう。それでも臭いがあるという場合は、排水管の接続などが原因かもしれません。
また、便器と床の間の隙間を埋めるシーリングやゴムパッキンがきちんとはめ込まれていないことが原因の場合もあります。パッキンを使っていてもサイズが違う場合も隙間ができてしまします。隙間がないかどうかチェックし、施工業者に問い合わせしましょう。

 ・便器と壁の接続部の不備

今まで紹介したのは、排水管が床にある場合の臭気の原因です。トイレの排水方式は2種類あり、床排水と壁排水があります。一般的に臭気が問題になるのは排水管が床にある場合が多いため、排水管と床について説明しました。しかし、排水管が壁にある場合でも臭いが出てくる場合があります。その場合は晩期と壁の接続部分に隙間が原因です。

・排水管のつなぎ目からもれる

排水管同士のつなぎ目や穴と排水管のつなぎ目がきちんと接着していない場合があります。特に床に排水管を設置している場合、フランジというものを使って排水管と便器を接続します。フランジは素材は樹脂類です。樹脂類、つまりプラスチックで作られているため年月が経過するとダメージがかなりあります。しかし、見えない場所にあるため、経費を節約するため、交換していない場合も。それが臭いの原因になっているかもしれません。また、フランジを設置する場合に隙間を埋めるためにパテを使いますが、パテを入れ忘れたことも考えられます。


トイレの臭いの原因2:排水管に汚物等が残るケース

トイレの排水システムは排水管が斜めになって水が流れて行くようになっています。ところがリフォームで、壁排水から床排水にしたり、タンクレスにしたりすると排水管を設置するスペースが少なくなってしまう場合があります。無理矢理に排水管を設置した結果、水の流れが悪くなり汚物が残ってしまうことが臭いの原因です。タンクレスは特に下水が逆流して臭い場合があります。
タンクレスシステムのトイレにはたくさんの機能がついていますが、脱臭・除菌もその一つです。ところが、タンクレストイレだからといって全てのモデルに脱臭・除菌がついているわけではありません。購入するときに、どのような機能がついているのかを確認する必要があります。もし、除菌機能がついてない場合は、除菌スプレーなどで掃除をすると改善される可能性も。
また、排水管の流れが悪くなっているのに、節水トイレにしたため、水量が減って便が残ってしまうと臭いが消えません。消えないどころか、水を流すたびに臭いが外にもれる状態になってしまします。


まとめ

臭いが長期間続くと壁材や床材に染み込んでしまい、修理した後も臭気を取り除くことが難しくなるので早めの対応がベストです。ほとんどの場合、臭いの原因は便器を外して内部をチェックする必要があります。
床と便器、便器内の排水管の接続の問題、排水トラップの故障など、どれも自分では判断も修理も難しいです。まず、施工業者にチェックを依頼しましょう。

 BACK