ツムギの「お知らせ」について

2019.09.24 コラム
トイレリフォームはどの程度日数がかかるもの?

トイレリフォームしたいものの、どの程度日数がかかるのかわからないから不安という声をよく聞きます。
トイレは、日常生活で頻繁に使用するものです。トイレリフォームに予想外に日数がかかってしまうようでは、
本当に大変なことになってしまうでしょう。
そのような事態になってしまわないように、あらかじめトイレリフォームの工事の目安を知っておきましょう。
ざっくりトイレリフォームは、このような日数で行われています。

トイレリフォームは実際に日数はどの程度かかるものなのか

トイレリフォームにどの程度日数がかかってしまうのか、不安な方々もきっと多くいらっしゃることでしょう。実際にトイレリフォームにかかる日数は、トイレ本体取り換えの場合には、半日から1日程度で完了することができます。しかし、そうでない場合も多くあります。
例えば、和式トイレから洋式トイレへのリフォームという場合では、付け替える工事が必要なため、2~3日日数を要してしまうケースがあります。

トイレリフォームにかかる日数が1日程度のケース

例えば、古い洋式トイレを新しい洋式トイレにリフォームするトイレリフォームするという方々もいらっしゃるでしょう。古い洋式トイレを新しい洋式トイレにリフォームするリフォームをすれば、流す水の量を減らすことができるから、非常にエコな生活を送ることができます。

また、水を流すタンクをなくすことができるので、トイレのスペースを広くすることができるメリットがあります。このような、古い洋式トイレを新しい洋式トイレにリフォームトイレリフォームは、基本日数は、1日程度で完了することができます。一般的には、トイレリフォームでも、本体を取り替えるだけのものでしたら、2時間から3時間程度で完了することができます。
床材(クッションフロア)や壁のクロスの張り替え工事でも、4時間から5時間あたりです。工程は、現在使用している便器、給水タンク、配管との接続部分を解体、撤去します。次には、老朽化している上下水管を交換する作業が入り、新しく設置するトイレの排水部分、給水部分を設置します。(水道の元栓を止める場合もあります。)

次には、新しいトイレを設置し、配管と接続します。
最後には、通水確認、漏水確認をして、お客様に、基本的な操作方法の説明をおこないます。トイレをタンクレストイレにリフォームする場合には、 手洗いをトイレ内に設置する必要が出てきてしまうため、新しく給排水管を設置する配管工事が必要になることもあり、日数が1日以上かかることがあります。

トイレリフォームの日数がかかる場合

また、トイレリフォームは、かなり日数を要する場合もあります。 和式トイレから洋式トイレへのリフォームというケースでも、トイレそのものを付け替える工事が入るため、日数は、2~3日程度要してしまうことになります。

1日目には、既存トイレの解体・撤去・段差解消工事が入ります。

2日目には、トイレ本体の取り付けをし、 動作確認・取り扱い説明など行います。

しかしトイレリフォームの工程で、この段取りがズレて、3日目を要することがあります。便座の付け替えだけでなく、配管工事や内装工事などが必要になってしまうようなケースでは、やはり工事はかなり大がかりなものになってしまうでしょう。このようなトイレリフォームでは、日数が、3日から5日程度かかることもあります。

では、そのトイレリフォームの期間トイレを使用することができないのでしょうか。このあたりのことはやはり一番気にしなければならない問題です。日数が1日というのでは、買い物に出かけている間に工事が終わっている程度の感覚なので、なんとか我慢すれば、すぐにトイレは使えるようになります。しかし数日日数を要するケースでは、 仮設トイレを使うことがあります。

また、配管の工事など、複数の工程が入るケースもあり、かなりの日数、トイレが使用できないケースは出てきます。仮設トイレを利用するケースでは、 撤去費用と、使用料と言ったものも、トイレリフォームの予算に含まれてくるので、あらかじめリフォーム予算として組んでおくことをおすすめします。

まとめ

トイレ本体取り換えの場合には、半日から1日程度で完了することができます。しかし、そうでない場合も多くあります。
ですから、トイレリフォームの場合、まずは現地調査をおこなって、工事内容・範囲をしっかり打ち合わせして、スタートすることをおすすめします。

トイレリフォームという言葉のイメージから、日数が何日もかかってしまうかもということを不安に思っている人たちが多いようですが、 トイレ本体を交換するだけのリフォームの場合、床材や壁紙を変えても、数時間から半日程度の日数で済ますことができます。基本トイレリフォームは、想像している以上手軽に行うことができる方法です。

 BACK