ツムギの「お知らせ」について

2019.07.30 コラム
トイレのリフォームは節水・お掃除以外にもこんなにメリットがある!

トイレをリフォームすると、トイレメーカーの技術開発の成果の恩恵で、さまざまなメリットがあります。メリットとして洗浄に使用する水量を減らす節水効果とトイレ掃除が楽になるのが第一ですが、ほかにも匂いを消す、スペースが広くなる、温水に使用する電気代が安くなるなどのメリットがあります。

トイレのリフォームによって得られる5つのメリット

家のトイレが古くなってリフォームしようとするとき、新製品が毎年発売されていて、どれを購入したらよいのかするか迷ってしまいます。メーカーは技術競争をして、ユーザーにとってより便利な機能を持つ製品を発売しています。自分が望む機能を優先付けして製品を選ぶことをおすすめします。
トイレをリフォームするときに、ユーザーが期待する5つの主要メリットを抽出しました。
1. 節水機能により水道料金が節約できる
2. 節電機能により電気料金が節約できる
3. トイレ掃除が楽になる
4. トイレの匂いが解消される
5. トイレのスペースが広がる
製品にはいろいろな機能がありますが、ここに示した5つのメリットに絞って説明していきます。

トイレのリフォームで掃除が楽になるメリット

掃除を楽にするため、汚れを付きにくくする
トイレは、水垢やカビ、尿石などの異物の付着が付着して汚れてしまいます。汚れを抑えるために、水流を旋回させたり、洗浄効果のある水を自動で作ったり、洗剤を入れて泡で洗浄にしたり、水垢などが付きにくい有機ガラス系の新素材をコーティングしたものなどがあります。シャワーノズルの収納部分から凹凸をなくしたり、継ぎ目のない便座にして汚れが付きにくくした製品もあります。
掃除をしやすくする
便器のふちの掃除は厄介なものです。便器のふちの凹凸を無くした製品はふちの汚れをふき取りやすくします。
タンクレストイレは小さいので、掃除する面積も少なくなります。タンクの高さが低いので床の掃除も楽になります。

トイレのリフォームでランニングコストを安くするメリット

水道料金を節約するメリット
トイレに使用する水の量は、標準家庭で全体の水道量の約30%を占めます。一昔前では、1回の洗浄に使う水は、10リットル程度でした。最近のトイレでは、洗浄するときの水流を渦巻き型にするなどして、少ない水量で洗浄できるようになりました。それによって使用する水の量は、従来の半分の5リットル以下になります。
一般的な家庭では、節水機能がある便器に変えることで、年間10,000円以上の水道料金のコストメリットが得られます。
電気料金を節約するメリット
温水洗浄便器は、洗浄水と便座を温める機能を使うと意外と電力を消費します。標準家庭では温水洗浄暖房便座の待機電力は、家全体の4%で、テレビの3%を上回っています。
これまで温水は、貯湯式と呼ばれる常に温めた水をタンクに貯めておくタイプでした。メーカーは、電気の消費量を抑えるために、温水を使うときだけ温める、瞬間式と呼ばれるタイプを発売しました。瞬間式は水道と直結させていて、長時間続けて使用しても温度が下がらないメリットがあります。
便座を温めるときの電気量を減らす機能として、便座と蓋に断熱材を入れて放熱を防いだり、トイレの使用頻度を記憶し、便座のヒーターを自動調整する機種もあります。
一般的な家庭では、節電機能がある便器に変えることで、年間5,000円以上の電気料金のコストダウンとなります。

トイレのリフォームで環境が良くなるメリット

トイレの匂いを解消する機能
気になる使用後の「におい」を脱臭して、次の人に不快感を与えない脱臭機能付トイレがあります。イオンを発生させて「におい」のもととなる浮遊するカビ菌を分解・除去するトイレもあります。脱臭・消臭機能だけでなく、トイレを芳香で満たしてくれる製品もあります。
壁紙・床(クッションフロアー)のリフォーム
トイレに残る嫌なにおいの発生源が、壁紙や床についていることがあります。壁紙・床(クッションフロアー)をリフォームをすると、匂いが消えます。色や柄を気に入ったものに変えると、新しい印象のトイレになり気分を変えられます。
トイレのスペースが広がるメリット
タンクレストイレは大きさが小さいので、従来のタンク付きトイレからタンクレストイレに変えると、トイレのスペースが広がります。タンクレストイレは、奥行が短く、高さが低いので、トイレの室内全体が広々とした感じになります。
タンクレストイレは、タンク付きトイレと較べて高価ですが、発売当初に比べると安い製品が発売されています。タンクレストイレは、5つのメリットを満たした製品が多いので、予算と相談しながら検討する価値はあります。

まとめ

トイレをリフォームすると節水や掃除が楽になるメリットだけでなく、節電効果、トイレの匂いが解消、スペースが広がるなどのメリットがえられます。自分が望む機能を持つ製品を選んで快適なトイレにリフォームしましょう。

 BACK