ツムギの「お知らせ」について

2019.07.30 コラム
快適に使うためにも失敗しないトイレリフォームを!

こだわった商品を取り付けようと思ったところ、失敗してしまうケースもあります。リフォームの失敗は事前によく調べなかったことから起こりますので、失敗しないためにもしっかりと計画を立てることが成功の秘訣です。

最新型機能で便利になったのに狭くなった!

新機能に気を取られて便器を設置したところ、便器の周りのスペースがなくなり、使いづらいし掃除もしにくくなったという失敗例があります。タイプによってはサイズがあるということに気付かなかったために起きてしまった例です。
しっかりと寸法を測って、レイアウトを考えて、余裕を持って便器を設置することをおすすめします。
内開きのドアにしたところ、出入りやトイレ内で動きづらくなり、スリッパも置けなくなったという例もあります。
中で人が倒れたりした場合、内開きでは開けられなくなることもありますし、介護が必要な方にとっては大変不便です。
外開きのスペースがない場合は、折れ戸タイプなどがあるので業者におく相談してから決めましょう。

あっという間に黒ずんでしまった!

トイレのリフォームの際に,床材を廊下や部屋と合わせようとして無垢材や複合フローリングにするケースが多いです。
トイレ内の床を木材にすると、水に弱い性質があるためアンモニアや洗剤によって腐食や変色が起こります。インテリア的には木材を使いたくなりますが、木材はトイレの床には向きません。折角リフォームしても1年くらいしたら床が黒ずんでしまい失敗です。こまめに掃除をしても黒ずみは避けられないので、トイレの床に向く素材を選ぶ必要があります。
また、トイレ内の壁紙を選ぶときは、デザイン性や機能性のある空間になるような壁紙を選ぶことがポイントです。機能性を重視して消臭機能や防水機能のある壁紙を選ぶとお手入れが楽になります。特に、臭いや湿気を無くしてカビの発生を防ぐ壁材が人気です。壁紙の色は真っ白いものを選ぶと汚れが目立ちますので、色物や柄物を選んだ方が汚れは目立ちにくいです。

業者選びにも要注意!

トイレのリフォームで照明を替えて失敗したというケースもあります。「今まで薄暗かったから明るくしたら明るすぎて失敗した」、「照明の光が弱くて見ずらくなった」、「照明器具を置く位置が悪くて全体の明るさがなくなった」、「足元に照明を集中しすぎた」など、インテリア的に考えた結果失敗することもあります。
オシャレな照明器具を天井に設置する程度のリフォームが理想的ですね。
業者選びで失敗したという例も非常に多いです。この失敗の場合全てに影響しますので、「予算をしっかりと立てる」と「信頼のおける業者を選ぶ」という点は十分に気を付けなくてはなりません。
まずは、3社以上の業者に見積もりを依頼し、料金・サービス内容・作業員などのことを比較し、良い業者を選びましょう。
リフォーム後に不具合修正が必要になることがありますので、アフターサポートのことは事前に確認しておくことも大事です。

トイレのリフォームを失敗しないためのポイント!

トイレのリフォームを考えるときには、予算を決めることからスタートするのが最も大切なことです。全体をリフォームするのか、部分的にリフォームするのかによって費用が違ってくるので、予算をはっきりさせてから具体的にリフォーム箇所を決めることが失敗しないコツです。
また、リフォーム後は少なくても10年以上は使うことになるので、便器・壁紙・床材などはデザイン性、機能性に加えて耐久性がある素材を選びましょう。
便器を設置後、掃除がしやすいように便器の周りにはスペースが残るようにサイズには気を付けなくてはなりません。
最新のトイレの場合、古いタイプのものと比べて便器が床と接する面積が小さいため、交換すると古い便器の設置跡が残ります。古い便器の設置跡を消すために便器と床材の交換をセットで考える方が良いでしょう。
最近、タンクレストイレは見た目がオシャレという点で人気の商品ですが、失敗例も大変多いです。
水圧が弱くてつまりやすいというトラブルが起きるという落とし穴があります。設置する場合は十分な調査が必要です。
トイレリフォームでうっかりミスは、コンセントの設置を忘れてしますことです。古いタイプの便器からウォシュレットに取り替えるとき起きやすいミスなので、気を付けなければなりません。
また、いざという時のために、手すりを設置しておくこともおすすめします。
信頼できるリフォーム業者によく相談をして、納得のいくリフォームを実現させましょう。

まとめ

トイレは隠す場所と思っていませんか。 トイレと一体型になっているタンクレスは、便器の周囲が広くなりゆったりとしています。出入りしやすく、掃除もしやすいというのがメリットです。 清潔感やデザイン性があるトイレは見せるインテリアとなり、家族全員を快適にしてくれるでしょう。

 BACK