ツムギの「お知らせ」について

2019.10.18 コラム
トイレのリフォームの落とし穴!リフォーム時の注意点とは何か?

この記事をご覧の皆さんの中には、トイレのリフォーム工事を行う際に注意するべき点には何があるのか、という疑問を抱いている人もいるのではないでしょうか。
トイレも長年利用していくことによって、いろいろな不具合がでてくるようになり、リフォームが必要になってきますが、やみくもにリフォームすればいいわけではなく、工事を行う際に注意するべき点がいくつかあります。
そこで、今回の記事では、トイレのリフォーム工事を行う際に注意するべき点には何があるのか、について説明していきますので、最後までご覧ください。


1.トイレのリフォーム工事を行う際の注意点には何があるのか?

実際にトイレのリフォーム工事を行っていく上で、どのようなことに注意して行っていけばいいのか、具体的内容については以下において説明していきます。

① トイレの面積には限りがあること

トイレのリフォーム工事を行っていく上での注意点の1つ目としては、トイレの面積には限りがあることが挙げられます。

トイレは住宅の中でも面積が小さな空間であり、限られたスペースを有効に活用しないと、圧迫感を感じて居心地が悪くなったり、扉の開け閉めの際に引っかかりして上手く扉の開け閉めができなくなったり、してしまう恐れがあります。

また、ある程度スペースに余裕がないと、後にトイレに不具合が発生し際の工事の作業が円滑に行えない可能性も考えられます。

トイレのリフォーム工事を行う際には、面積もある程度の余裕があるのか必ず確認してから行うようにすることが重要です。

② 壁材や床材選びには注意が必要なこと

トイレのリフォーム工事を行っていく上での注意点の2つ目としては、壁材や床材選びには注意が必要なこと、が挙げられます。

トイレは面積が小さく密閉された空間であり、水による処理を扱うこと場所であるから水漏れによる湿気やカビ、また、排泄物の処理を行う場所であることから汚れや臭いが多くなりやすい傾向にあります。

壁材や床材の選定の際には、通常の空間での利用ではなく、トイレでの使用を想定した、湿気やカビに強い壁材や床材などを選ぶことが重要になります。

また、エコカラット、珪藻土などの汚れ防止や消臭機能を備えた壁材や床材を選ぶことによって、汚れや臭い対策を行うことができます。

トイレのリフォーム工事の際には、①トイレに使える面積には限りがあること、②カビに強く、汚れや臭い対策も行える壁材や床材を選ぶことが重要であること、などに注意することが必要です。


2.トイレのリフォームはどこまでするべきか?

経年劣化により、トイレのリフォーム工事が必要な場合であっても、リフォーム工事はどのくらいまで行うのが適切なのか、その具体的内容については以下において説明していきます。

① 便座の交換とウォシュレットの設置を行うこと

まず1つ目にトイレのリフォーム工事の際には、便座の交換とウォシュレットも設置するとトイレ利用の利便性が高くなります。

便座を交換してウォシュレットを設置することによって、トイレの利用者が快適に利用することができるようになり、自分自身やお客様の満足度を向上させることができます。

② 手洗い場の設置を行うこと

2つ目にトイレのリフォーム工事の際には、手洗い場を設置するとトイレ利用の利便性が高くなります。

トイレ本体とは分離した手洗い場があるだけで、清潔感が違う上、おしゃれな手洗い場を設置すると、お客様もまるで高級レストランに来たような気分を味わえることでしょう。

③ 手すりの設置を行うこと

3つ目にトイレのリフォーム工事の際には、手すりを設置するとトイレ利用の利便性が高くなります。

高齢者などがトイレを利用する際に、あらかじめ手すりが設置されていると、安全にトイレを利用することができます。

④ スペースの拡張を行うこと

4つ目にトイレのリフォーム工事の際には、トイレのスペースの拡張を行うことによって、トイレ利用の利便性が高くなります。

上記で説明したように、トイレに使える面積には限りがあり、むやみにスペースの拡張はできませんが、あまりに狭いとトイレの利用時の利便性が低くなってしまうことから、適切な範囲のスペースの拡張を行うことは重要になります。

⑤ 便器の交換を行うこと

5つ目にトイレのリフォーム工事の際には、便器の交換を行うことによって、トイレ利用の利便性が高くなります。

長年利用することによって、便器も経年劣化し、使い勝手が悪くなることから、トイレの快適な利用のためには便器の交換も重要です。

⑥ 内装のリフォームを行うこと

6つ目にトイレのリフォーム工事の際には、内装のリフォームを行うことによって、トイレ利用の利便性が高くなります。

長年利用することによって、壁紙や床の汚れや劣化が目立ちはじめ、トイレの快適な利用の妨げになる恐れがあるので、これらの点に注意を払うことも重要です。


3.まとめ

ここまで、トイレのリフォーム工事を行う際に注意するべき点には何があるのか、について説明してきましたが、いかがでしたか。
トイレのリフォーム工事もむやみやたらに行えばいいわけではなく、きちんとポイントを押さえて行わないと当初の目的を達成できない恐れがあります。この記事をご覧の皆さんは、今回の記事で説明した内容を参考にして、トイレのリフォーム工事を行う際に注意するべき点には何があるのか、について検討してみると良いのではないでしょか。

 BACK