ツムギの「お知らせ」について

2019.11.19 コラム
トイレを和式から洋式にしたい、リフォーム代はいくらかかるのか?

近年主流になっている洋式トイレ。しかしまだ田舎の方に行けば昔ながらの和式トイレがあったりします。「実家の親も年を取ってきたので、いまだに和式トイレを使っているが、そろそろ洋式トイレにしてあげたい」という人も多いのではないでしょうか。そこで和式から洋式にリフォームする場合の費用やかかる日数、全体の流れなどを説明していきます。

 


トイレを和式から洋式に変える費用は?

一番安いプランでは、古い和式の便器を取り外し、新しい洋式の便器を付けるだけで、4~5万円ですみます。他にも便座を温かくする機能を付けたり、ウオッシュレットにしたり、手洗い場を作ったり、節水機能を付けたり、タンクレスにしたりと数万円単位で費用が変わってきます。また、床のタイルのリフォーム代だったり、壁や天井の張り紙の交換なども数万円かかります。ここで気を付けなければいけないのは、和式トイレと洋式トイレの配管や水道管の位置が違う場合には、数十万円が必要なので、できれば同じ配管の位置に作るのがいいでしょう。基本の費用は便器の本体価格+周辺商品価格+改築取り付け工事費用+内装工事費用になります。平均的な和式から洋式に変更する費用は30~40万円ほどになっています。
快適にすればするほど費用はかかるし、工期も長くなるのでその辺はリフォーム業者に相談し、予算の範囲内でできるところまでやるのがいいでしょう。あくまで平均の価格なので、他に水道管の位置が遠い場合にはもっとかかるだろうし、シャワートイレにするために電気工事が必要な場合にも費用高くなります。なので、トイレのリフォームを実際にやった人に相場や感想を聞いて、見積もりをしっかり出し、確認してもらってから、支払したほうがいいです。


トイレを和式から洋式にかえる日数は?

費用はともかく肝心なのは、何日かかるのかです。トイレ工事リフォーム中はトイレが使用できなくなるので、気になりますね。

トイレを和式から洋式に変えるには、1日で済みますが、他にも床や壁の内装リフォームやトイレットペーパーホルダーやコンセント、照明などを新しく新調する場合には、平均で2~3日かかるようです。トイレは水漏れがしたら大変なので、排水や蛇口には細心の注意を払って作業しているので、このくらいかかってしまいます。

床や壁紙を張り替える際には、一旦古いのをはがし新しいのを張るので時間がかかりますし、シャワートイレにする場合にはコンセントを確保するための電気工事が必要になりますし、すべて終えるには1日では不可能な場合が多いです。3日間トイレを使えなくなるので、近隣での利用やレンタルトイレの使用なども考えなくてはいけません。頼めば早くやってくれるかもしれませんが、最低でも3日は何かしらの対処が必要になります。


トイレを和式から洋式に変える流れ

  1. 最初に便器や床、壁などを解体

最初に今まで使っていた和式の便器を撤去し、床や壁なども解体します。和式の床は石畳のところが多く、洋式ではクッションフロアになるので、全部はがします。もちろん石畳のままでいいならそのままにしてもいいです。

 

2.新しい洋式便器に合わせて配管などを移動

洋式便器では水洗が必須なので、水道管の設置や配管の場所を決めます。配管の場所が異なる場合には他に配管工事をする場合もあり、シャワートイレにする場合には、電気工事が必要なこともあります。

 

3.床・壁・天井などの工事

床は石のタイルから、床材(クッションフロア)への変更や、壁に水洗トイレのためにコンセントを配置し、天井もリフォームします。

 

4.壁や床などの内装工事

壁や床なども洋式のトイレに見合うようにリフォームします。

 

5.新しい洋式便器の設置

 

最後に新しい洋式便座を設置し、トイレットペーパホルダーやコンセント、手洗い場などを作ります。などの工程があるので、最低でも3日は見ておいたほうがいいでしょう。注意してほしいのは工事中はトイレは使えないので、近隣で借りるかして過ごしましょう。


まとめ

和式から洋式に変える方法を説明しました。和式トイレは不便なうえに掃除も大変なので、早めに洋式トイレに変えたほうがいいでしょう。
最新の洋式トイレは自動清掃機能があり、掃除する頻度が減るほかにも、温座シートや。ウオッシュレットなど冬には快適そのものの機能が盛りだくさんです。さらに、水洗でもエコで水道代がお得になっているので、水道代の心配している人にもおすすめです。

 BACK